愛媛県 大三島 「はやし亭」

2013年7月18日 (木)

大三島 鶴姫まつりに行ってきました。他

先週の日曜(移動は前日)、夏の恒例 愛媛県 大三島の鶴姫まつりへ行ってきました。

目的は、船のレースへの参加と、今回は、グルーポ福袋でステージで演奏

今回の主メンバーは、グルーポ福袋4名とスエルティータ3名 プラスお友達

神戸の喫茶ロワールのマスター、タコさんが写真を何枚か送ってくださったんで
2枚ほど載せましょう。

船、今回はメンバーのうち、女性3名が初参加かな・・
炎天下のなか、こんな過酷なレースとは露知らず・・
P71403731

ステージでの演奏写真 勝野君が加わってくれてます。
P71403361

何とか今回も無事に終わってなによりでした。
大三島 はやし亭のお二人 お世話になりました。

*******************************************************************************

アルゼンチンと日本の遠い昔の関係

アルゼンチンのフォルクローレは私的になかなか好きなのですが、そんなアルゼンチンと
日本の関係を知る、動画をYouTubeで見つけましたんで紹介します。
ちなみに音楽関係ではありませんが、こんなことも知っていて良いかなと。

日露戦争の日本海海戦のおり、日本の軍艦にアルゼンチンの軍人が観戦武官として乗り込んでいて
その方が書いた資料を元に作られたテレビ番組のようです。
客観的に見た当時の情勢とかさらっとですが判ります。

4部に分かれています。
http://www.youtube.com/watch?v=RFt60lGX-KI&list=PL4C58668ABEF4A928

福袋の神田かんちゃんもこの話は知っていませんでしたが、軍艦2隻をアルゼンチンから
譲り受けたことは知っていました。さすがやな

*********************************************************************************

海軍ネタのついでに  海上自衛隊の料理レシピ

私の下期スケジュール作成にあたり、ネットで自衛隊の基地祭スケジュールを調べていた際、見つけました。

海上自衛隊の料理レシピ  右に和食とか洋食とかのカテゴリあり

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/family/recipe/menu/today/index.html

海軍、海上自衛隊と言えばカレーが有名ですが、このホームページでもカレーだけ別カテゴリに
なっていてその数が、半端じゃない。

そう言えば昨年、三重県にいたとき、地元の工事会社のおっちゃんが、舞鶴基地の見学へ行ったとかで
頂いたみやげがこれ
P1120969

なかなか、つぼを得た品選びで・・   美味しかったです。

*************************************************************************************

7月の音楽関係はもう予定無しだけど27日、28日は、但馬空港で今年もスカイ・フェスティバルが
開催されるんで行ってきます。

http://www.tajima.or.jp/taf/

日曜日には、今回初めて小松基地からF-15 イーグル2機が飛来して15分間演技するらしい、楽しみ。

航空祭は、数あれど 但馬空港のは、数少ない民間主催イベントだそうです。
毎回、資金難で開催があやぶまれているけどたいしたもんだ。

**********************************************************************************

ではまた

| | コメント (2)

2013年5月 6日 (月)

5月3日 愛媛県今治市 大三島町の藤まつりへ行ってきた

この数年間、私にとって、この季節の恒例になっている大三島町の藤まつりへ行ってきました。

何せ、歳を重ねるごとに月日の流れが速くなるんで、もう藤まつりかい・・ てな感じ。

今回、例年と違うのは、開催日が数日遅くなったこと。
何故か・・ 「藤まつり」だと言うのに主役の藤の花が、咲ききっていない年が何度かあったから(笑)

おかげで、今回は、超満開

また連休の後半 初日ということなのか、島を訪れる観光客が多くて、私が行くようになってから
最高の人出だったかと思います。

天候は、快晴
雨天の場合、まつりは中止で演奏のみ島内のホールでやる予定だったみたいですが・・

不謹慎ながら「ホールも良いな」てなことを、かすかに思っていたなんてここだけの話し。

まつりの内容は、過去の記事を見ていただくことにして、特設ステージの演奏の写真だけを載せます。
って、他の写真を撮っていないのだよ。

増永雅子 & 田村恵子(アルパデュオ)
Dsc01636

山田恵範(ギター)& 藤沢祥衣(アコーディオン)
Dsc01639

↑藤沢さんは、大三島デビューで、大三島と言うか、はやし亭を楽しまれていました。
私は、過去 千里の竹あかりでご一緒したのですが、覚えていないということで・・
やっぱ私は、業者・・

橋本仁(ケーナ)& 近藤眞人(ギター)
Dsc01640

↑私の事務所のお隣さん、今日は、演奏者です。

てなことで今回も無事に終わってなによりでした。

そこそこ長ぁ~い大三島までの道中ですが、今回は、私に容赦なく突っ込みを入れてくる堺のメキシコ娘?と
一緒だったんで、退屈せずに行けたかな。

関連記事 はやしさんのブログ
http://www.stb-jp.com/umisora/?p=6220

↑集合写真 仲間内で私はいつも写ってないのが定説らしい  今回も・・

http://www.stb-jp.com/umisora/?p=6227

****************************************************************************************************

                  (メ   モ) 帰ってからマイクケーブルの洗濯

               地面とか床を這わすんで、汚れは避けられない。
               汚れたままだと巻く時、何とも感触がよろしく
               ないので、時々は洗わないと

               雑巾で拭くだけでも良いのですが・・
               私のばやいは
Dsc01643

               大きなタライに水をはって、中性洗剤を少し。
               暫く着け置きしたあと水分を拭き取ります。

               コネクターは、浸けたらダメです。
               ケーブルが「水を飲む」んで、使い物にならなく
               なります。一瞬なら乾燥させれば大丈夫。

               ちなみにこのカラーケーブルは、ステージの転換が
               多い時のみにどのマイクか判別しやすいので使います。

               なので、通常のライブとかでは、使いません。
               見た目が良くないので・・
               
               マイクのグリルも外せるものは洗います。
Dsc01645

               ↑黒い気持ちの悪そうなのは、マイクに被せる
               ウィンドスクリーンです。屋外での必需品。
               風がでてきたらこれが無いととんでもない事に
               なります。

               ちなみにメーカーのSHUREのサイトにマイクの
               クリーニング方法が書いてあります。ここ
               
               グリルの中にスポンジが入っているのですが、これが
               なかなか乾燥しないんだなぁ・・
               
               58やBETAは58Aも57Aもこうしてグリルを簡単に外せるけど
               57は、こうはいかない。
               そのクリーニング方法も上記のサイトに書いてあるんで
               興味のある方はどうぞ。

                            (はま記)

| | コメント (2)

2012年7月30日 (月)

三島水軍「鶴姫まつり」2012 その3 最終回

昼も夜も暑い日が続きますが、皆さん お変わりありませんでしょうか・・

私、先週は、久々に炎天下の現場(本業)に出ておりました。おかげで顔と手は日焼け・・
男の仕事場だぜぇ~ぇ

現場に欠かせない熱中症対策グッズ
P1090696

*********************************************************************************************

さて「鶴姫まつり」の続き   はや2週間が過ぎて、少々記憶が曖昧になっておりますが、適当に書きます。
毎度の事ながら仲間内の日記のような記事ですが・・

鶴姫レースでの大汗をいつもの塩風呂で流し、多くの露店で賑わう夜のお祭り会場へ

鶴姫まつりの夜の部は、イベントステージがメインになります。

今年のメインは「ツートン青木 ものまねショー」
Dsc00937
Dsc00943

※本番始まってすぐのMCで・・
   「携帯で写真を撮っている方がおられますが・・
     どんどん撮ってください。電源を切っている方は今から入れて撮ってください」

   「ブログなんかをおやりの方がおられると思いますが・・
      写真を載せる場合は一番写りの良いのを載せるように」

私は、ツートン青木?? だったのですが、TVでお馴染みの方だそうです。
会場の千人くらいのお客さんは盛り上がりました。1時間くらい一人で会場のテンションを上げっぱなし。
若い芸人には無理でしょう。

裏話として、はやし鶴姫まつり事務局長から聞いた話
当初、主催者側では演出用の照明設備は、用意していなかったそうですが、ツートン青木さんの事務所側から
どうしても舞台照明が欲しいと要望が有ったそうです。結果 交通費の一部を照明の予算へまわしたとか。

う~ん、プロですねぇ。照明を入れることで観客もその気分と言うか、普段とは違う世界に入り込めるわけです。
ちなみに音響は、毎回 プロの音響屋さんが、どでかいスピーカーを設置しているので問題なし。

**************************************************************************************************

さて明けて翌日も晴れ、何時頃起きたのか・・忘れました。
Dsc00944

朝食後、Q&Sさんは、昼食用の魚釣りへ

私とバヨリン軍曹、生徒Sさんは、女将 櫻子さんの車に乗せてもらっておでかけ  私はこの時点で何処へ行くのか?

さて着いた場所は、住職が、はやし亭と親交のある島内のお寺 青雲山 教善寺
Dsc00949

境内が綺麗に手入れされたお寺でした。子供の頃 お寺の境内が遊び場だった私としてはふと懐かしい感じが・・

それから住職(右)の先導で車で島の細い路地をくねくねと  そして少しだけ歩きました。
Dsc00951

着いた先は「東円坊」と言う古びたお堂
Dsc00952

地域の方が管理され普段は内部を見れないのですが、我々のために事前に鍵を開けておいてくださいました。

で、そのお堂の中に鎮座されまするは・・ 1330年(元徳2年)院吉作 如来坐像 (写真中央)
Dsc00959
Ccf20120717_00000

住職の解説を聞きます。住職の手に注目  何を説明されているのかがわかる。
Dsc00954_2

我々の為に資料のコピーも用意してくださったりで、いたれりつくせり。
この仏像。元は大山祇神社の敷地内にあった多宝塔の中にあった仏像のうちの一体ではとのことでした。

いただいた大山祇神社の古図   多宝塔(今はありません)を赤丸で囲ってみました。
Ccf20120717_00002

住職も久々に仏像にお会いされたとのことで、袈裟をまとい読経が始まりました。良いこえ~っ でした。
Dsc00955

本堂の仏像も見せていただきました。
Dsc00966

また、島内にあって何度か訪れたものの、どういう場所か私的に?だった「入日の滝」(後述)のことも
教えていただいたり。  以上なんとも贅沢な時間でした。

教善寺の住職には暑い中、突然のアポながらお世話になりました。
さすが、櫻子さんと言うか、はやし亭と縁がある方は、なかなか魅力的な人が多いなと感じた次第。

その後、もう一箇所 神社を訪れ、はやし亭に帰るとQ&Sさんが食事を用意してくれてて・・
Dsc00976

今回も良き仲間に感謝の大三島行きとなりました。合掌

※「入日の滝」は、大三島にある滝です。傍にお堂とか古い五輪塔とかあって、足を踏み入れると何となく
 空気が変わる場所なのですが、現地には由来書き等が無くて、どのような歴史があるか?でした。

 こちらのサイトに詳しく書かれていました。  はやしさんも読むように(笑)
 http://blogs.yahoo.co.jp/tohnofurindo/28564529.html

***********************************************************************************************

       (メ モ) 最近 出版された「しまなみライフ」と言う、しまなみの子供達を撮った写真集

Dsc00945

                 ↑この表紙の場所、はやし亭への降り口なのです。
         (私 未だ この近くで子供の姿は一度も見たことが無いのだが・・)

         その写真をパロった はやし夫妻の写真・・ これはこれで 何とも良い写真です。
                 はやしさんのブログより

Pict11655

         それをまたまた真似した師弟関係の二人

Dsc00946

                    (はま記)

| | コメント (3)

2012年7月23日 (月)

三島水軍「鶴姫まつり」2012へ行ってきた その2

三島水軍「鶴姫まつり」2012 の続き

申し遅れましたが、前回の記事も含め画像の一部はインティさんカメラ(撮影者不明)で撮影したものを使わせて貰っています。

MADE IN IMABARI-OSHIMA の鯛カツバーガー前で、スエルティータの勝野君と ゆっきい
Img_0847
Img_0848

↑私も頂きましたが美味でした。

まつり会場特設ステージで、ラ・スエルティータ+インティ近藤さんの演奏が始まりました。
Dsc00906

その演奏をビールを飲みながら楽しそうに見る島の人?・・
Dsc00908

この人、今度は、ゆかた姿の鶴姫さまと写真も撮ってる。 あれっ、タンタナクイの青木さんじゃないですか。
Img_0934

↑良く見ると首には、今治市のゆるキャラ バリィさんのタオルが掛かってるし・・  楽しんではりますな・・

さぁ、いよいよ鶴姫レースが始まります。

本番になるとチームピット?のある桟橋は、人であふれます。
会場には実況中継が流れ、地元TV局のカメラも。それに今年はNHKも来ていたとか。

我らがハリャリャ・ボリビアのピットは、祭り会場に近い方から、シルバーボーイズ(コーチのチーム)、
YAMATO(はやしさんのチーム)の次という何とも良い場所が定位置。 職権の裏工作か・・?
Dsc00921

予選のスタート風景  鬼コーチ自ら太鼓を叩いてくれました。ありがたい。 結果は惨敗でしたが。
Img_0901

そうそう、頭に載せているネパール料理店のシェフみたいな帽子(実はボリビアの国旗カラー)は、スエルティータの
勝野君の考案?及び材料調達も。
前夜、皆で作りました。いい加減なバヨリン軍曹と私は、怖い生徒Sさんのダメだしを受けながら(泣)

本選です。太鼓は鬼コーチ、舵も名人が付いてくれました。レース中はこの二人が励ましてくれます。
Img_0908

↑3隻づつのレースで写っていない手前のもう1隻が、かなり先行。 
我がチームは2位 奥のチームより若干ですが前にいます。

で、な~んとこのまま奥にいるチームを抑えてゴール 念願の最下位脱出 メデタシ

中間の折り返しでは、先に行っていたチームのターンのミスに乗じて一瞬ではありますがトップになりました。
その時、岸では「奇跡やぁ~」と大騒ぎになったらしい・・

戦い終わって表彰式 旗を持つのはスエルティータの勝野君  手前の変なおっさんの右後ろが はやし亭女将 櫻子さん
Img_0935

特別賞(がんばったチーム)くらい頂けるかな、と思ったのですが何も貰えず(泣)

表彰式後の総評は、我がチームの専属?鬼コーチ殿
全二十数チームいるにも関わらず毎回、うちのチームのことを総評で喋ってくれるのは親心か
Dsc00931

レース後、実行委員長もバヨリン軍曹に最下位脱出を「良かったなぁ・・」と言ってくれたとか。

今回も思いがけず晴天に恵まれ、普段殆ど運動をしていない平均年齢40代後半の我がチームは、誰か熱中症で
倒れるのでは?と心配しましたが、幸いそれも無く、各自、大いに楽しんだようで何よりでした。

これも島の皆さんから何かとご配慮いただいてのこと、ありがたや。

そうそう、今回 我がチームには、島で我々がいつもお世話になっている はやしさんのお友達、大谷さんの
息子さんも加わってくれて平均年齢低下に協力してくれました。

てなことで、鶴姫レースの段は終了

ちなみに鶴姫レースの優勝賞金は一般の部の優勝だと10万円 出場二十数チームの半数は、島外のチームらしい。

女子の部もあります。優勝賞金7万円です。
Img_0925

以上 次回、最終回へとつづく

※まつりの翌日、今回の大三島行きで私的に最高の収穫があったのだよ・・ へへ

**********************************************************************************************

                    (メ モ)  もうひと月以上前になってしまいましたが、本業の安全祈願で、
               大台町にある川添神社へ行ってきました。

               その際、本殿周りの玉砂利に小さな紅葉が幾つか顔を出していまして・・
               いただいてきました。
Dsc00986

               宮司さん曰く、そろそろ除草してしまうんで要るならどうぞ持って帰って
               くださいとのことだったので。

               で、昨日はこんなんしてました。64式小銃のモデルガン・・
               じゃなくてモノホン 9mm拳銃もありました。
Dsc00982
               
                        (はま記)

| | コメント (2)

2012年7月20日 (金)

三島水軍「鶴姫まつり」2012へ行ってきた その1

今日は久々の雨で過ごし易いのですが、三重も昨日までは、めちゃ暑かった・・ 

暑いときは、伊勢で、人気ナンバーワンのアイス おふくアイスMACの写真を載せるので目で涼んでください。
P1090690

伊勢の御福餅の会社が作っているアイスだそうです。

さて、今年も愛媛県今治市大三島町で海の日あたりの日曜日に開催される三島水軍「鶴姫まつり」
行ってきました。

むろん、今回も鶴姫レース(「櫂伝馬(かいでんま)」と呼ばれる木造船に10人の漕ぎ手と太鼓、
舵取りの総勢12名で乗り込み速さを競うレース)
にも出場しました。

このブログの大三島カテゴリーにある以前の記事を読んでいただくと、祭りの雰囲気 ならびに
大三島はやし亭に集う、関西在住フォルクローレ演奏者(の一部)の醜態?がご覧いただけると思います。

*********************************************************************************************

いつもは、尾道経由でしまなみ街道を渡り、大三島へ行くのですが、今回は、岡山から瀬戸大橋を渡り
四国入り
Dsc00880

ここに行きたかったから
Dsc00883

その道後温泉の傍にある二つの神社 左が湯神社 右が中嶋神社
Dsc00886

中嶋神社? ひょっとして・・ 我が故郷 豊岡市にある お菓子の神様 中嶋神社(社殿 重文)の分社でした。
Dsc00887_2

夜は、全員、はやし亭に揃ったところで櫂伝馬シュミレーターを使って恒例の前夜特訓
Dsc00890

まつり当日
恒例の当日朝8:30からの特別練習  他のチームは数日前に公式練習が組まれています。

まだ人もまばらな会場へ現れたチョイ悪オヤジを気取る神戸の喫茶ロワールのマスター Mr.Taco
Img_0824

一年ぶりに乗船 昨日までの雨のせいか霧が出ています。
Img_0831

一漕ぎしてからコーチから指摘事項を聞きます。 過去の経験から練習でパワーを使いすぎて本番は
力が残ってない、と言う事態を避けるため練習はそこそこに(笑)
Img_0834

レースが始まるまでの間は、いつものように大山祇神社の参道を散策

古い建物を覗き
Dsc00899

酒饅頭を食べて
Dsc00901

錆びてしまったホーロー看板に微かに浮かぶ大村コンちゃんの顔が心霊写真のよう
Dsc00896

大村コンちゃんのホーロー看板と言えば、オロナミンCの看板
幾つかのバージョンが有ったようですが、検証した結果、元はこれですね。黄金バットバージョン
Oroc

大山祇神社に着くと丁度、鶴姫さまの行列が出発するところでした。
Dsc00902

今年の鶴姫さま
Dsc00903

しかし何ですね これらの写真には写っていませんが、こんなイベントに必ず群がるオヤジ カメラマンは
何とかなりませんかね。いっちょまえのカメラマン気取りで、我が物顔で行列の前に立ちはだかって邪魔なんですね。

つづく

| | コメント (4)

2012年5月 1日 (火)

今年初の大三島行きは「藤まつり」

久々に愛媛県今治市 大三島町へ  恒例の「藤まつり」のお手伝いに行ってきました。

前日、4月29日(土)午後 それまで普通に流れていた山陽道が岡山県へ入ったところで渋滞。
Dsc00816
ラジオの情報では、8Kmほど先のトンネル内で乗用車5台が関係する事故らしい・・

自然渋滞と違い、事故渋滞は、同じ距離数でも抜けるのに倍以上の時間が掛かります。
これでゆうに1時間以上のロス 時間と燃料代を返して欲しいぞ

やっと「しまなみ海道」 右手に尾道市街
Dsc00817

その「しまなみ海道」、自転車が多かったです。
Dsc00825

走る人もいたり・・
Dsc00826

いかにもと言う感じのチャリダー?風のグループが多い中、ママチャリでのんびり走る小さな子供連れの
情景が私的に◎

出発してから大三島IC手前の瀬戸田PAまでノンストップで一気に走行。前述の渋滞のため4時間も掛かってしまった・・
Dsc00823

「はやし亭」に到着 車を降りたらケーナが聞こえてきました。

プライベートビーチを見ると・・ 前々日移動のS&Qさん、ヒロミンの姿
Dsc00827

一休みしてから、そのお三人と一緒に塩風呂へ。その後、いつものごとく、楽しい夕食が終わってのんびりしていると
演奏者のタンタナクイ、アルパ組が相次いでご到着。

演奏者の皆さんは、それぞれ23時頃から練習に。
「はやし亭、別宅」で、練習しているタンタナクイの皆さんをSさん、ヒロミンとで、こっそり外から覗き見。

ふた昔ほど前に流行した4畳半フォークを彷彿させるような、何とも哀愁漂う情景
Dsc00831

翌、本番当日 裏方稼業の「はやしさん」とQさん、私とヒロミンで8時に現場入り。

寒い日が続き、開花が危ぶまれた藤の花も何とか咲いてめでたし
Dsc00848 

いつものごとく怒とうの仕込みでしたが、助っ人Qさんとヒロミンのおかげで何とか開演に間に合いました。

このあたりの写真は、毎年一緒なので省略

今回、初めてとなったのは・・ 1部と2部の間に地元のコーラスグループの発表会?が入ったこと
Dsc00837_2
Dsc00839

こりゃ、来年以降も有りそうな・・ 私の休憩時間が減るのだが・・

お茶席での演奏が終わったあと、実行委員長に「わしの言うことがきけんのか」と脅されて?お茶席にあがり、
「借りてきた猫」状態のタンタナクイの皆さんと何故かワクワクのヒロミン
Dsc00844

遠目では畑に種を蒔く農家のおじさんに見えなくもない、お茶席の音響担当「はやしさん」
機材も自前です。エライ!
Dsc00842

長い時間、音響ブースに居座った ばあちゃん。 好天で日差しが強かったですから・・
Dsc00841

塩餅?販売ブースの地元老人会?の皆様
Dsc00849

ここの餅、あんこが入っているけど全然甘くない。塩味のみ。糖分を控えている方用の食べ物にしか思えないが
何故か毎回良く売れている。私的に大三島七不思議のひとつ

では、演奏者

吹田フォルクローレフェスタでは、何とも個性的なMCで笑いをとるアルパ奏者 田村恵子さん
Dsc00850

この藤まつり本番では、前夜の私との会話をMCネタにされまして・・  まいった・・

おなじみ、ラテン・ギタリストの山田恵範さん 今回は、ソロで
Dsc00854

深夜まで、練習されていたタンタナクイの皆さん 「練習疲れで本番はあかんのちゃうか」との皆の予想を裏切って?
良いステージでした。
Dsc00856

そんなこんなで、本番も無事に終了 出演者の皆さんも総出で撤収を手伝っていただきました。
アルパの恵子さん 八の字巻きが上手。本人曰く「毎日やってるし・・」  ホンマかい!

撤収終了後、夏の「鶴姫まつり」でお世話になる鬼コーチが、特製ミカンジュースを御馳走してくださいました。
ありがたい。

そして、はやし亭では、これまた毎回お世話になっているO谷さんご夫妻が、打ち上げの料理長?
Dsc00859

アメリカ、イギリス、韓国の方も参加して何とも国際的な打ち上げ

暗くなってからは、室内へ会場を移し、ワイワイと。

私は、21時過ぎに「はやし亭」を後にしました。他の方はもう一泊。

皆さん、お世話になりました。

次に来るのは7月中頃「鶴姫まつり」の予定
何といっても「鶴姫まつり事務局長」に就任された「はやしさん」の晴れ姿?を見に来ないとね。
スーツにネクタイ、胸に赤いリボン姿なのだろうか・・(笑)

※関連記事
大三島 はやしさんのブログ 海soraの農家日記
http://www.stb-jp.com/umisora/?p=5243

*************************************************************************************************

           (メ モ)  今回の舞台も毎度のことながらリハなしのぶっつけ本番、また転換が多いので、
           設定が一目で判るアナログミキサーを使いました。
Dsc00853

           各CH入力のインジケーターも4段階 イコライザーも4バンド。ファンタムも
           各CH個別 少々でかいのが難ですが、使いやすい。
           イコライザーは別にして、これからミキサーを入手する場合のポイント。
Dsc00840

           横のうどんは、私の昼ごはん・・

                          (はま記)

| | コメント (4)

2011年7月25日 (月)

大三島 鶴姫まつり2011 当日、翌日

前の記事からの続きですが、間が空いてしまいました。

悲しいかな、歳のせいか、まだ一週間前というのに記憶が消えつつあります。
写真を見て思い出しながら書きます。

******************************************************************

朝8時、早朝練習の為、櫂伝馬レース会場の桟橋に集まった御一行さま。
あと2,3時間後には此処が人で埋まるのですよ。

001

で、櫂伝馬レース関係ですが、はやしさんのブログに詳しく書かれているので
そちらをご覧ください。 手抜きです。

http://www.stb-jp.com/umisora/?p=4162

http://www.stb-jp.com/umisora/?p=4197

http://www.stb-jp.com/umisora/?p=4238

http://www.stb-jp.com/umisora/?p=4263

櫂伝馬レースの結果は散々でしたが、初参加の方もおおいに楽しまれた
ようで、一安心。

皆さん、「次回も是非!」と言っておられたので、メンバー探しからも
抜け出しました(ホッ)

結果は別にして?4年連続出場となり、変なグループ?もレースの風景に
定着してきたような気がします。

*******************************************************************

まつり本番は、大山祇神社から港までの鶴姫さまのパレード?で始まります。

01

02

今年は、家来?お付きの方々の行列は無い? 私的に好きだったけど・・
やたらスタッフさんのオレンジ色が目立ってますな。

ステージでは、グルーポゆいの皆さんの演奏が始まりました。

03

遠路、ご苦労さまです。

踊りも入りました。暑かったやろなぁ・・

04

そんなこんなの鶴姫まつり、私と軍曹、Sさんは、早々に塩風呂へ行くのに
会場を後にしましたが、演歌歌手の歌謡ショーとかもあって、多くのお客さんで
夜まで賑わったようです。

あっ、神田かんちゃんを会場へ忘れてきた・・

*******************************************************************

その翌日、月曜日は、昨日の真夏の快晴とうって変わり、台風の影響で生憎の
雨模様。 午前中は、まったりと過ごしました。

はやし亭のカウンターに有ったハチミツ きれい・・ グルーポゆい様注文分

06

昼過ぎに、はやし亭を後にして向かったのは尾道

しまなみ海道の起点にも関わらず、今まで素通りしていたので寄ってみるかと。

メンバーはバヨリン軍曹Sさん神田かんちゃん
ちなみに 私個人的には、尾道へは随分以前に二回 写真を撮りにきています。

急な坂道をウロウロと・・
会話の内容は、いつもの遠足と変わらず。

幾つかの寺を経由して千光寺まで、雨の中 大汗をかいて登ってきました。
07

さすが観光地、悪天候にも関わらず多くの観光客

平地に下る坂道の途中にこんな張り紙を発見

08

そのポスターとはこれ

09

いち観光客と化した小市民の私は、Sさんをモデルに同じような画角で撮ったけど・・

10_2

照明ポールは写るし、右隅には黄色いバヨリン軍曹のトホホな絵に・・

しょうがないので、少し絵をさわります。
で、こんなんできました。

05553  

このキャッチコピーにはこのイメージかと

次は商店街をくまなく歩きます。櫻子さんへのサービスショット?

012

路地にも入ります。

13

これはやはり楽しい。その土地の生活感の有る情景は良いです。

今回の尾道行きで、判ったこと。 やはり、普通の観光は向いてない(苦笑)

***********************************************************************

        (メ モ)  毎度のことながら、はやし亭にはお世話に
          なりました。感謝です。

          今回、大三島初上陸の方が3名 皆さん
          大三島はやし亭のファンになられたことと
          思います。

          常連のエリさんに至っては、大三島のお友達が
          年配の方 中心だったのに最近は若い方も増えた
          ようで・・
          
          さぁ次回の大三島行きはいつになるのでしょう。

                    (はま記)

          P.S
                     今さら気がついたのですが今回の大三島行き、
          グルーポ福袋 皆おるし・・

          私らと入れ違いに、雑貨屋CIELO 御一行さまが、
          はやし亭入りしたとか。
                     CIELO店主も、はやし亭の当初からの常連ですな。

| | コメント (4)

2011年7月19日 (火)

大三島 鶴姫まつり2011 その前日2

前の記事のつづき

甘崎城跡を後にして、塩風呂で汗を流し、次に向かった先は大山祇神社の参道

鶴姫まつりの前夜祭として、愛媛県西条市小松町の新屋敷だんじり(屋台・楽車)
大山祇神社まで練り歩きするとかで見物

鶴姫さま(毎年変わる)もおられました。

02_2

練り歩きまで、時間が有ったので参道を端まで歩きました。

少しレトロな建物がちらほら もう点く事はないであろう電飾看板が
過去の賑わいを想像させます。

04_2

あとですねぇ、参道を歩いている時、バヨリン軍曹が警備のスタッフのおじさんに
やたらと挨拶をしているんですね 大三島のお友達・・ だそうです。

日も暮れてきました。

03_2

提灯に灯が入っただんじりが、大山祇神社の境内へ進みます。

05_2

時刻は既に20時  ここでやっと、はやし亭へ場所が移ります。

夜やと言うのにサングラスを掛けた姉ちゃんが、七輪の炭に点火中

06_2

夕食場面は割愛    恒例の櫂伝馬レースのイメージトレーニングの始まり。

今回は、はやしさん製作の櫂伝馬養成マシンが登場 軽トラですけど船のつもりで。
初出場のSさんと窪田さん 練習とは言え、緊張の面持ち

07_2

あぁ、神田かんちゃんも何故か初櫂伝馬 鬼コーチに指導を受けます。

08_2

もう既に時刻は23時を過ぎているのです。よ~やる

次は、いよいよ まつり当日へ つづく

| | コメント (2)

大三島 鶴姫まつり2011 その前日

今年も恒例の愛媛県 大三島町の鶴姫まつりへ行きました。

今回、特設ステージでの演奏は、グルーポゆい の皆さん。
その他約10名は、櫂伝馬レースに参加の為。

櫂伝馬レース参加組は、当日早朝からの練習に備え、祭り前日の
7月16日に大三島入りです。

私は、バヨリン軍曹とバヨリン教室の生徒Sさん、窪田さんとで
大三島へ・・  Sさんと窪田さんは、初大三島です。

今回は、時間的に余裕が有ったので、しっかり寄り道します。

**************************************************************

最初に訪れたのは、福山市の福山自動車時計博物館

あちこちに、再生を待つ自動車が置かれています。

001
これらは道路に面しているので、タダで見れます(笑)
もうこの時点でテンション上昇

博物館に入るなり、興奮気味のこの方は片っ端から乗りまくります。

01

先生と生徒のタンデム

02

私は、お付きの撮影係り 何枚撮らされたか・・

途中、休憩を挟んでもう一巡 良く遊びました。

この博物館のお姉さん方 感じ良かった。
「沢山乗られましたか?」と声を掛けたり、客のカメラのシャッターを
押したり。

アンケートに記入して、しっかりオリジナルステッカーを頂きました。
また機会が有れば訪れたい場所になりました。

**************************************************************

次のポイントは、以前にも紹介した大三島 上浦町の日本最古の海城、
甘崎城跡

普段は島、大潮の時だけ潮が引くと大三島と陸続きとなり、徒歩で
渡ることが出来る、ある意味レアな城跡です。

♪海が割れるのよ~ 道ができるのよ~ 島と島とが~つながるの~
(by 天童よしみ)

と、口ずさんだら、私を良く知らないSさんが困った顔をして軍曹を見ました。
軍曹 「ほっとき」・・

事前に、はやし亭の女将 櫻子さんから干潮の時間を聞いており
その一時間前に現地へ到着

バヨリン軍曹とSさんは、干潮が待ちきれず、ザバザバと海を突進

01_3 

美しき師弟愛? 恐るべき行動力

04

それを見て、呆気にとられる窪田さんと私
先行の二人がほぼ上陸したころ、重い腰を上げて後を追いました。

姿を表した石積み

05

桟橋跡の柱穴

06

石垣

07

岩に残された何かの印?

08

瓦?

09

010
窪田さんと「当時の物か、近年に不法投棄されたモノか判らんね」
話していたのですが、やはり瓦も出土?しており、一部は保存されて
いるようなのでホンモノだったのでしょう。

一通り見終わって大三島へ戻ります。

011
***************************************************************

ほんの寄り道にしては濃い一日でした。大満足。

つづく

| | コメント (4)

2011年7月 1日 (金)

雑ネタ 大三島が出てくる小説

今年も半分が過ぎてしまいました。早いです。

で、今月 7月は、恒例の「三島水軍 鶴姫まつり」へ出掛けます。
それで、またまた櫂伝馬レースにも出場します。

櫂伝馬、今年で4回目の出場 しつこいですね。
いつか悲願の1勝を実現したいものです。

こうして櫂伝馬レースに出られるのも、大三島のミカン農家
「はやしさん、櫻子さん」のおかげなのですが、その「はやしさん」
何と今年は、鶴姫まつりの事務局を任されたとか。

昨年の「MAYA しまなみコンサート」では、600人?700人?の集客を実現し
ただ者では無いと思っていましたけど相変わらず精力的です。

今年の特設ステージでの演奏は「グルーポゆい」の皆さんですよ。

2011

********************************************************************

さて、ここからが本題 (はやしさんは前振り?笑)

今日は、おそらく「はやしさん」も知らないであろう、大三島に関係の有る
一冊の本(小説)
を紹介します。

海を抱いたビー玉 ~甦ったボンネットバスと少年たちの物語

41uzl5nw2yl__ss500_

「運転手の親子に愛されたことで「心」を持った瀬戸内の小さな島の
 ボンネットバスと、手にした者に勇気を与える不思議な青いビー玉が、
 時代を超え、運命に導かれながら旅をしていくファンタジー。

 旅は、懐かしい昭和40年代の瀬戸内海の島から、大震災に見舞われた
 山古志村へ...

 
 少年と、バスと、少年の心を持った魅力的な大人たちが、「生きることの
 美しさ」を 優しく語りかけてくれる、事実をもとに描いた奇跡と感動の
 物語です」

文中に出てくる瀬戸内海の島が大三島だそうです。

こちらのサイトにストーリーが書かれています。
http://900s4.at.webry.info/200712/article_5.html

はやしさん、知ってた?

***********************************************************************

今回の鶴姫まつり遠征の道中、少し寄り道をしようかと思っています。

行き先は、福山自動車時計博物館

上記の小説の古くて廃車寸前となったボンネットバスをリストア(レストア)
した(実話)のがここだそうです。

この博物館のモットー、のれ!みれ!さわれ!写真撮れ!にも惹かれます

また、同館サイトに書かれていたこの文章もステキheart02(笑)

「当館のコレクションは、特に戦後、物資の不足する時、日本の復興に貢献した
 道具としての自動車が主である。デパートなどで展示する何億円もするベンツや
 ロールス・ロイスなどの展示ではない」

                (はま記)

| | コメント (2)