« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月 1日 (日)

雑ネタ 「アルマジロ チャランゴ あるある」

雑ネタです。

チャランゴです。KANATA製です。
Dscf9322


見るからにスタンダードなクラスですが アルマジロです。

けど「アルマジロ チャランゴ あるある」で、ネックのジョイント部で曲がっています。
Dscf9323


これも「反り」と言うのかな。

指板と弦の間隔(弦高) 広いとこで1cmくらい。 これを弾きこなせたらたいしたもんだ。

余談ですが某オークションとか見ていたらギターとか、やたら弦高を気にして質問している方が
いますが、弦高なんて入手してから好みに調整すればと思うのですが・・
まぁ、オークションで質問する人ってたいてい入札してきませんが。

このチャランゴ 毛並は、まぁまぁかな。
Dscf9324


くせ毛 と言うかカールしてるけど・・ 親に似たんでしょうか・・

少しだけ白い箇所はハゲ。 ストレスが有ったんでしょう。てなことなくてキズ。

この状態で入手したので 経緯は不明ですが、単に弦のテンションを掛けたまま長い間 放置に
間違いないでしょう。

表面板も反ってしまってる。

でもそれらは、どうという問題ではありません。アルマジロチャランゴの大事なのは毛並。
それ以外は、木製ボディのも含め予算によりますが、コンサートクラス?にもなります。

おりを見て徒歩十数秒の弦楽器修理の インティ工房さんへ持って行くことにしましょう。

さすがに インティ工房さんでもアルマジロの植毛は、していないだろうな・・

ではまた

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »