« 吹田フォルクローレフェスタ事務局 またの名をグルーポ大黒堂 | トップページ | ケーナとギターのワークショップ(1月16日(土) 新大阪ココプラザ) »

2015年12月 7日 (月)

マンドリンが入るギグバッグ

今 手元にあるマンドリンのケースは、おまけで付いてきたアワイヨのソフトケース。

軽いのは、良いけど やたらと他の楽器と重ねて運んだりする使い方には不向き。
まして落下させた日には、目もあてられない。
まぁ、そんな場合 お隣りさんに修理してもらえるのは、心強いが。
(落下の修理で送られてきた底が割れた楽器をよく見せてもらいます)

で、そのお隣さん(インティ工房さん)の情報によると、バリトンテナーウクレレの
ケースならマンドリンが入るとのこと

早速、ネットで見つけたバリトンテナーウクレレのギグバッグを注文 税込4,370円

マンドリンを入れてみる
Dscf9548_2

クアトロ代わりに使っている4弦仕様のミニギターも入れたら入った。追加注文だな。
Dscf9549


ショルダーで背中に担げます。
Dscf9553

おおよその内寸は、長さ 74cm  一番広い部分の幅 28cm ですが、内側のクッションが
チャックで取出せるようになっているので多少は調整可能です。
Dscf9550

強度的にはハードケースが良いけど重いしね。

***************************************************************

(メ モ) 今日、夕方 名古屋市内のホテルに着いて一息ついていたら
      見知らぬ固定電話から携帯に着信

      「吹田のフォルクローレの方ですか?」と男性の声
      そうですと答えたら
      「今年はもう終わったんですか?」と。
      先月終わった旨を告げると残念そうでした。

      何でも今まで何度か見に来てくださっていたらしい。
      来年 是非来てくださいとお願いしておきました。

      開催前も二、三 吹田市報を見たと言う方から電話があって、
      うち お一人の女性は、「フォルクローレって何の?」って。
      南米の音楽や踊りですって答えたら「それ大好きなんです」と。
      話してたらアルパの増永さんもご存じとかで、今回で12回目だと
      言うと「知らなかった」とのこと。
      告知せなあかんね。

      今日の木曽川 晴天で暑いくらいでした。
Dscf9594

      上流方面
Dscf9597

               ではさらば

|

« 吹田フォルクローレフェスタ事務局 またの名をグルーポ大黒堂 | トップページ | ケーナとギターのワークショップ(1月16日(土) 新大阪ココプラザ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吹田フォルクローレフェスタ事務局 またの名をグルーポ大黒堂 | トップページ | ケーナとギターのワークショップ(1月16日(土) 新大阪ココプラザ) »