« 第11回 吹田フォルクローレフェスタ 出演受付終了しました。 | トップページ | 第11回 吹田フォルクローレフェスタ 出演グループ »

2013年10月 6日 (日)

マイクの修理

先日、演奏者である「某さん」から、小規模ライブ用の音響機材をいただきました。
季節柄、来月くらいから、そろそろ書き入れ時のミュージックベルの機材として
使用するのにピッタリ 「某さん」 ありがとうございました。

で、いただいた機材の中にSHURE SM58(定番のマイク)が3本ありまして・・
私も58は、6、7本持っておるのですが、そう言えばその中にやたら変なハウリングを
起こすので、使っていないのが1本有るのを思い出しました。

じゃ、これを機にその不良マイクも含め、PCのソフトを使って調子を見ることに。

使うソフトは
オーディオ帯域の周波数成分を表示するスペクトラムアナライザ WaveSpectra

オーディオのチェック用 テスト信号発生ソフト  WaveGene

ともにフリーウェア、無料です。詳しくは、作者のサイトへ
http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/index.html

両ソフトともオーディオルームの音響解析とかに良く使われているようです。
むろんライブ会場でも使えます。

では、測定

WaveGeneからピンクノイズ  アンプで増幅  スピーカー  マイクで集音

マイクからの信号をPCに入れてWaveSpectraで表示 と言う流れになります。

今回は、適当にやったんで、スピーカー等の機材、部屋の音響特性も纏めて見る格好に
なりましたが、良品と不良品の区別が付けば良しとします。

スピカーの前にマイクを置いて
P1130218


まずは、正常なマイクの波形    横軸が周波数、縦軸がレベルです。
Mic2

次に、不良マイク
Mic1

↑正常なマイクに比べるとフラットでは無くて 2.6KHz あたりに異常なピークが見えてます。

ピンクノイズの代わりにサイン波(正弦波)の1KHzと2.6KHzを入れてみます。

1KHz
1000

2.6KHz  1KHzに比べ、レベルが10dBくらい高い・・ こんな不良は初めて見た・・
2600

2.6KHzあたりでハウリングを起こしやすくなっていたと。

実は、このマイク 随分前に某リサイクルショップのジャンク(ガラクタ)コーナーで
買ったもの。腐っても58なので、ジャンクって珍しいなとつい手を出した次第。

買って直ぐに音声でチェックして異常が無かったんで、他のマイクと一緒にマイクケースに
入れていたものです。

こんな症状、素人では、こうして波形を見ないと、なかなか判らないと思います。

あぁ、私の所有マイクでジャンクと言うか中古は、このマイクだけです。他は全て新品。

さて、不良マイクをどうするか・・

何と・・、いつぞやいつか役に立つかと珍しくオークションに出た58のマイクエレメントを
買って持っているのです。新品です。それにロゴも同じシール張りのオールド?
P1130217


エレメントを交換して、再度 波形を確認したらな正常になりました。
トランスの不良?と思っていたのですが、エレメントの不良でした。

今回、エレメントを交換しましたが、普通、エレメントのみって入手できないと思う・・

***********************************************************************************

58は、歴史のあるマイクでして・・  その昔は、1本 4万円したらしい。

輸入元も当初は、バルコムで、2000年にヒビノへと変わっています。

不良だったマイクと「某さん」からいただいたうち2本を並べて外観を見てみます。
P1130219

左が不良マイク  ロゴがシール張りなので時代が古いのが判ります。
中、右は「某さん」マイクで現行と同じく印刷ですが微妙に中は、青みがかっています。
1999年に購入されたそうで、バルコム時代最終期のものです。

次回は、スマホの音響アプリでも紹介しましょう。

*************************************************************************************

        (メ モ) 物もらい人生

          今回は、PCのソフトでのスペクトラムアナライザ(以下 スペアナ)を
          使いましたが、当然、測定器としてのスペアナがあります。
          でも高いです。民生品ではないので。
          
          先日、仕事の取引先が、倉庫の片付けをした際、廃棄になった測定器類を
          くれると言うので、喜び勇んで引き取りに行きました。

          ジャーン  興味ない人には粗大ゴミ
Dsc_0059


          実は、手前 中央の重ねている2台とその右のケースで包んでいるのが
          スペアナです。

          と言ってもオーディオ帯域ではなくて周波数の高い無線通信用ですが。
          20KHz~22GHzまで測定できます。

          これ、新品当時 1台が、ん百万円くらいしたと思います。
          
          またおもちゃが増えた。

                      さらば

|

« 第11回 吹田フォルクローレフェスタ 出演受付終了しました。 | トップページ | 第11回 吹田フォルクローレフェスタ 出演グループ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第11回 吹田フォルクローレフェスタ 出演受付終了しました。 | トップページ | 第11回 吹田フォルクローレフェスタ 出演グループ »