« こんどの日曜日は | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

2013年7月18日 (木)

大三島 鶴姫まつりに行ってきました。他

先週の日曜(移動は前日)、夏の恒例 愛媛県 大三島の鶴姫まつりへ行ってきました。

目的は、船のレースへの参加と、今回は、グルーポ福袋でステージで演奏

今回の主メンバーは、グルーポ福袋4名とスエルティータ3名 プラスお友達

神戸の喫茶ロワールのマスター、タコさんが写真を何枚か送ってくださったんで
2枚ほど載せましょう。

船、今回はメンバーのうち、女性3名が初参加かな・・
炎天下のなか、こんな過酷なレースとは露知らず・・
P71403731

ステージでの演奏写真 勝野君が加わってくれてます。
P71403361

何とか今回も無事に終わってなによりでした。
大三島 はやし亭のお二人 お世話になりました。

*******************************************************************************

アルゼンチンと日本の遠い昔の関係

アルゼンチンのフォルクローレは私的になかなか好きなのですが、そんなアルゼンチンと
日本の関係を知る、動画をYouTubeで見つけましたんで紹介します。
ちなみに音楽関係ではありませんが、こんなことも知っていて良いかなと。

日露戦争の日本海海戦のおり、日本の軍艦にアルゼンチンの軍人が観戦武官として乗り込んでいて
その方が書いた資料を元に作られたテレビ番組のようです。
客観的に見た当時の情勢とかさらっとですが判ります。

4部に分かれています。
http://www.youtube.com/watch?v=RFt60lGX-KI&list=PL4C58668ABEF4A928

福袋の神田かんちゃんもこの話は知っていませんでしたが、軍艦2隻をアルゼンチンから
譲り受けたことは知っていました。さすがやな

*********************************************************************************

海軍ネタのついでに  海上自衛隊の料理レシピ

私の下期スケジュール作成にあたり、ネットで自衛隊の基地祭スケジュールを調べていた際、見つけました。

海上自衛隊の料理レシピ  右に和食とか洋食とかのカテゴリあり

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/family/recipe/menu/today/index.html

海軍、海上自衛隊と言えばカレーが有名ですが、このホームページでもカレーだけ別カテゴリに
なっていてその数が、半端じゃない。

そう言えば昨年、三重県にいたとき、地元の工事会社のおっちゃんが、舞鶴基地の見学へ行ったとかで
頂いたみやげがこれ
P1120969

なかなか、つぼを得た品選びで・・   美味しかったです。

*************************************************************************************

7月の音楽関係はもう予定無しだけど27日、28日は、但馬空港で今年もスカイ・フェスティバルが
開催されるんで行ってきます。

http://www.tajima.or.jp/taf/

日曜日には、今回初めて小松基地からF-15 イーグル2機が飛来して15分間演技するらしい、楽しみ。

航空祭は、数あれど 但馬空港のは、数少ない民間主催イベントだそうです。
毎回、資金難で開催があやぶまれているけどたいしたもんだ。

**********************************************************************************

ではまた

|

« こんどの日曜日は | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

コメント

日進、春日ネタは久しぶりです。日英同盟のおかげで英国から二隻の商談を持ってきてくれました。ちなみに日進には若き山本五十六(当時は高野姓)が着任しておりましたね。ただ、両船とも日本仕様ではなかったのでその喫水の低さから幾つかの砲門が使えず苦労したとも言われてます。
自前で軍艦を作る技術がなかった当時の日本は旗艦の三笠も英国製。
今の主力艦も米国製ですわ。

投稿: うえの | 2013年7月23日 (火) 21時37分

★うえのさま
まいどです。こっち方面も詳しいですね。

イージス艦、もっと配備してほしい。

投稿: はま@海軍カレーはうまい | 2013年7月31日 (水) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんどの日曜日は | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »