« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

グルーポ福袋のライブ 終わりました。

2013年 5月24日(金) グルーポ福袋スプリングライブ in SAZANKA 終わりました。

お忙しい中、おいでくださった皆様 ありがとうございました。

また音響をやってくださったインティ工房さま ありがとうございました。
いつも撤収を手伝ってくれる勝野君、YUさんも・・

毎度のことながら会場の喫茶サザンカのマスター、奥さん お世話になりました。

********************************************

さて、この小さいギターのような大きいウクレレのような楽器はなんでしょう?
全長は約73cmくらいです。
P1120413

これ、ラベルの型名から検索して判ったのですが、30年ほど前にARIA が販売していた
子供向けの入門ギターとして開発された4弦ミニギターでPEPEギターと言うブツ

インティ工房さんによると6弦のは時々見かけるそうですが、4弦のは見たことがないとか。

ネットに掛かった梅田の大手楽器店の商品説明では・・

「その当時の推奨チューニングは4A.3D.2G.1Bです。ちなみにスケールは490mmでバリトン
 ウクレレとほぼかわりません。ですので弦をバリトンウクレレ用に替えれば4D.3G.2B.1Eで
 バリトンウクレレとして使用できます。

 オススメは通常のウクレレのLOW-Gチューニングでお使いいただくと丁度良いテンション感が
 えられます。その当時国内で生産されており、物は大変しっかりしており、鳴りも良いです。

 他のチューニングで民族楽器的に遊ぶベースとしても面白い素材です!使い方はお客様次第!」

とありましたが上記説明の赤書きに注目 この説明とは関係なく既に実践した方がいるのです。
それは、バヨリン軍曹
今回のライブで、かんちゃんが、クアトロを弾く曲が有ったのですが、クアトロがないので
バヨリン軍曹が自宅にあったPEPEギターをクアトロチューニングして持って来よった・・

良く思いつくもんだ。また何でこんなブツを持ってるんやろ・・

本番は、インティ工房製の本場もんより遥かに出来の良いクアトロをお借りしましたが・・

********************************************************************************

       (メ  モ)ライブの翌日は朝5時半起きで三重県の名張市へ・・
         で、今日 日曜は、久々に午前中から千里山の事務所へ
         行きました。

         既にお隣のインティ工房さんは作業中。
         午後から隣の隣の秘密基地の御夫妻が来られ、大工仕事。
         その後、雑貨屋二人と一匹が来て・・
              
                  まぁ何とも賑やかな千里山 大黒堂ビル3Fの日曜の昼下がり
         でした。

                              (はま記)

| | コメント (3)

2013年5月 6日 (月)

5月3日 愛媛県今治市 大三島町の藤まつりへ行ってきた

この数年間、私にとって、この季節の恒例になっている大三島町の藤まつりへ行ってきました。

何せ、歳を重ねるごとに月日の流れが速くなるんで、もう藤まつりかい・・ てな感じ。

今回、例年と違うのは、開催日が数日遅くなったこと。
何故か・・ 「藤まつり」だと言うのに主役の藤の花が、咲ききっていない年が何度かあったから(笑)

おかげで、今回は、超満開

また連休の後半 初日ということなのか、島を訪れる観光客が多くて、私が行くようになってから
最高の人出だったかと思います。

天候は、快晴
雨天の場合、まつりは中止で演奏のみ島内のホールでやる予定だったみたいですが・・

不謹慎ながら「ホールも良いな」てなことを、かすかに思っていたなんてここだけの話し。

まつりの内容は、過去の記事を見ていただくことにして、特設ステージの演奏の写真だけを載せます。
って、他の写真を撮っていないのだよ。

増永雅子 & 田村恵子(アルパデュオ)
Dsc01636

山田恵範(ギター)& 藤沢祥衣(アコーディオン)
Dsc01639

↑藤沢さんは、大三島デビューで、大三島と言うか、はやし亭を楽しまれていました。
私は、過去 千里の竹あかりでご一緒したのですが、覚えていないということで・・
やっぱ私は、業者・・

橋本仁(ケーナ)& 近藤眞人(ギター)
Dsc01640

↑私の事務所のお隣さん、今日は、演奏者です。

てなことで今回も無事に終わってなによりでした。

そこそこ長ぁ~い大三島までの道中ですが、今回は、私に容赦なく突っ込みを入れてくる堺のメキシコ娘?と
一緒だったんで、退屈せずに行けたかな。

関連記事 はやしさんのブログ
http://www.stb-jp.com/umisora/?p=6220

↑集合写真 仲間内で私はいつも写ってないのが定説らしい  今回も・・

http://www.stb-jp.com/umisora/?p=6227

****************************************************************************************************

                  (メ   モ) 帰ってからマイクケーブルの洗濯

               地面とか床を這わすんで、汚れは避けられない。
               汚れたままだと巻く時、何とも感触がよろしく
               ないので、時々は洗わないと

               雑巾で拭くだけでも良いのですが・・
               私のばやいは
Dsc01643

               大きなタライに水をはって、中性洗剤を少し。
               暫く着け置きしたあと水分を拭き取ります。

               コネクターは、浸けたらダメです。
               ケーブルが「水を飲む」んで、使い物にならなく
               なります。一瞬なら乾燥させれば大丈夫。

               ちなみにこのカラーケーブルは、ステージの転換が
               多い時のみにどのマイクか判別しやすいので使います。

               なので、通常のライブとかでは、使いません。
               見た目が良くないので・・
               
               マイクのグリルも外せるものは洗います。
Dsc01645

               ↑黒い気持ちの悪そうなのは、マイクに被せる
               ウィンドスクリーンです。屋外での必需品。
               風がでてきたらこれが無いととんでもない事に
               なります。

               ちなみにメーカーのSHUREのサイトにマイクの
               クリーニング方法が書いてあります。ここ
               
               グリルの中にスポンジが入っているのですが、これが
               なかなか乾燥しないんだなぁ・・
               
               58やBETAは58Aも57Aもこうしてグリルを簡単に外せるけど
               57は、こうはいかない。
               そのクリーニング方法も上記のサイトに書いてあるんで
               興味のある方はどうぞ。

                            (はま記)

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »