« (続)迷彩、熊野古道を行く | トップページ | イベント情報 Fiesta Boliviana (ダンスのデモとレクチャー)大阪 »

2012年5月21日 (月)

赤カブで行く熊野古道他

今回も私事の雑ネタにお付き合いください。

先月から本業で三重県に来ているわけですが、仕事場は、仮設のプレハブの現場事務所。

裏の草むらには、毎日 キジがケンケンと姿を現します。先週金曜日は、猿が数匹 現れました。
これで犬がいれば、桃太郎の世界です。

さて、そこには、私を含め、4人いるのですが、先日、関東から来ている一番の偉いさんと
ダベッておりました。

その方は、昔 釣り雑誌に記事を書いていたくらいの釣り好き。 釣りの話をしていたら
機嫌が良い。昼休みは釣具の手入れ、週末は釣りに出かけてる。

その日は、現場事務所近くに生えている竹で釣竿を、から始まり竹の話していていたのですが
私は、竹と言えば好物の竹の子かケーナしか思い浮かばない。 でケーナの話に振ったら・・

すると、「あぁ ケーナ、昔吹いていて今でも何本か有るよ」とおっしゃる。
何でも昔 通信網の工事で、アルゼンチンに数年滞在して、その時にケーナを始めたらしい。

ひぇ~っ・・  でも私がフォルクローレを演ってることは、話しませんでした。
未だ、本業関係の人には、誰一人話していない。

もう一人、事務所にこれまたビックリのマニアックな私と共通趣味の方がおったのですが、機会が
有れば書きます。

*****************************************************************************************

今週も歩いてきました、熊野古道

途中、腹が減っては困るので、今回は食料を作製。
解凍したご飯と、先日スーパーで安売りしていた味付け韓国海苔、お茶とコーヒー
01

今回から最寄の場所まで移動する新兵器登場 ジャーン
02  

子供のお古の赤カブ号 先日自宅に帰った時に積んできました。
写真の建物は、アパート前の国道42号線を横断し、旧道(熊野古道)に入って少し走ったところに
ありました。なかなか良い感じ。

集落の旧道をのんびり走るのにはカブがピッタリ。狭いところでも入って行けますし。
それに走っていても誰も気に留めない。エコだし。

まず、やって来たのは、町内?にある史跡 三瀬砦跡
03

04

縄張り図があると当時の様子を想像しやすいのだが・・

次は、三瀬屋館跡
05

06

北畠具教の胴塚 というのもありました。
08

胴塚の写真 撮る勇気?は有りませんでした・・ 薄暗い場所に一人 塚には胴体が埋まっているわけで・・

山の裾をフラフラ走っていて見つけた廃車体 スバル360とサンバー? 三菱の?
09

10

三菱のは、まだ生き返りそうですな。 

さあて、大台町の中心部 スーパー、道の駅、役場が集まったところにカブを置いて、歩きで今日の目的地、
三瀬坂峠を目指します。

旧道に掛かる橋 今にも壊れそう。 右上の高架が国道42号線
11

12

橋の上からの川の様子 この数キロ先に私のアパートが有ります。アパート駐車場からも川が見えます。
13

峠の登り口まで あと2kmくらいのところで、後ろから来た軽トラックが停まりました。

軽トラのおっちゃん「何処まで行くんや?」

「峠です」

軽トラのおっちゃん「登り口まで乗ってくか?」

「歩きますわ、ありがとーっ」

軽トラのおっちゃん「楽しみ取ったらあかんな(笑)」

 おっちゃんに手を振って挨拶

親切やなぁ、私なら男は乗せんな

さて、三瀬坂峠ですが、石畳とか無くてどちらかというと地味な峠でしたが、熊野古道には違いないわけで。
当時の人の行き来を想像しながら登りました。
14

登り始めはまだ道も広い 徐々に細い道になります。
15

「熊がでてきたら困る」とか「反対側から水戸黄門御一行が下ってきたらおもろいな」とかも考えるわけです。

そんな感じで鳥の声と風で揺れる木々の音を聞きながら歩いていると それに混じり女性の声らしきものがかすかに
聞こえたような・・

最初は、空耳?と思う訳です。何しろ一般道を含め、歩き始めてから2時間以上、他に歩いている人はいない。
でも暫く歩くと、次第に声が大きく聞こえてきて、姿もちらほら木々の陰に見え隠れ・・

昔は、若かったであろう女性三人組みでした。最後尾の人が私を見つけ「わぁ」と言ったような。
私は「人に遭遇しました」と挨拶。 おばちゃん達も笑ってくれました。

今月から仕事で来ていて休みに歩いていると言うと「それがいい、家でテレビやビデオを見ているより」と。
あと「若いから速いね」とか。 私「若い」と言われたの、久々やし・・

そんな会話をしてから、追い越して先に進みました。

峠の頂上のお地蔵さん 確か1700年頃の年号が彫られているとか印刷物に書いていたような。
16

無事に峠超えも終わり。 登り口で借りた杖を返します。 私の場合、杖は護身用ね。
17

適当に村の中を歩きカブを停めている役場を目指します。
18

またまた廃車体が。 手前のは錆びで朽ち掛けているけど、まだまだ再生可能ですな。
19

三瀬谷ダム
20

この近くのJRの鉄橋傍で、列車の通過を待つ撮り鉄?のおじさんに遭遇。向こうから挨拶してくれました。

今日の予定終了 どれくらい歩いたかなぁ 時間にして4時間くらい。

役場前に停めたカブ  レジ袋の中身はスーパーで買った洗剤と良い香りの柔軟剤
21

カブの佇まいは、どんな風景にも合います。さすが世界最高のスーパーバイク。カブを超えるバイクは
この先、出てこないでしょう。

*************************************************************************************************

          (メ モ) 歩いていて、気になるところがあるとその度に寄り道をします。

               今回は、登り口少し手前、舗装路から外れたところに
               小さな神社を発見。
               神社の名前とかどこにも書いてない、でも小奇麗に手入れ
               されていました。

               手水で手を清め、参拝。ポケットに有った小銭をお賽銭に。

               誰も来ないだろうから、神社の入り口にへたり込み昼食。
               バヨリン軍曹に「君も歩けよ」とメールしたり。

               そんな一人歩きのおっさん、神様の目には、どう映ったんでしょう。

                          (はま気)

|

« (続)迷彩、熊野古道を行く | トップページ | イベント情報 Fiesta Boliviana (ダンスのデモとレクチャー)大阪 »

コメント

三重の田舎一人暮らし満喫してますね(^^
ちょっと羨ましいです…

投稿: はやし@海sora | 2012年5月21日 (月) 20時30分

熊野古道で雨けっこう降ってきて 軽トラの荷台に友人と二人乗せてもらったことあります

投稿: バヨリン軍曹 | 2012年5月21日 (月) 23時08分

★はやし@海soraさま
満喫と言うか他にすることが無いと言うかsad
史跡巡りか釣り、アウトドアに興味が無い方は悲惨かも。

★バヨリン軍曹さま
軽トラの荷台、違和感ないがな。

投稿: はま@今日は練習 | 2012年5月27日 (日) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (続)迷彩、熊野古道を行く | トップページ | イベント情報 Fiesta Boliviana (ダンスのデモとレクチャー)大阪 »