« 庄野真代 autumnライブ in SAZANKAへ行ってきました。 | トップページ | フォルクローレじゃないけど リピート山中 サザンカライブのお知らせ(H23-10-23 大阪) »

2011年10月12日 (水)

多田銀銅山の散策と木喰仏へ会いに行ってきた

もう先月のことですが・・

兵庫県川辺郡猪名川町に残る、多田銀銅山跡を散策してきました。

最初に目指したのは、猪名川町の多田銀銅山悠久の館
多田銀銅山の歴史を紹介する施設です。

ニュータウンを結ぶ幹線道路を「この辺りか?」と言うところで
山の方向へ

景色は、ガラリと変わり田園風景
稲は色づきはじめ、畦には彼岸花が咲き始めていました。

途中、地元のおっちゃんに道を尋ね、到着しました。

Dsc00560

まぁ平日と言うことも有って、来館者は私らだけ。良くあること。

館内には、鉱石とか採掘に使った道具とか、古文書、絵図面が・・

絵図面は、良いですね。城跡の場合だと縄張図もそうですが
当時の状況が判りやすい。

そうそう、係りのお姉さん(美人)が鉱石の事とか色々と説明して
くださいました。

そのお姉さんにマップをいただいて、散策に出発

最初は、悠久の館の裏を流れる川の対岸にある代官所跡へ

Dsc00533

Dsc00534

今は、石積が残るだけですが、絵図面には、かなりの建物が描かれて
います。毎日、多くの人々が行き交っていたのでしょう。

その後は、川の上流へ向かって、歴史構造物を見て行きました。

Dsc00530_2
Dsc00531

お寺跡とか、金山彦神社とか。 神社 良かったなぁ。

あと山中鹿之助一族の墓というのが対岸の雑木林の中に有りましたが
荒れた感じで、そこだけ空気感が違うような・・

さて、幾つか坑道への入り口は残っていますが、恐らく埋もれたとか
未だ発見されていないものもかなり有るのではないかと。

Dsc00550

Dsc00558

唯一、坑道内を見学出来る青木間歩へ向かいます。

Dsc00541

間歩(まぶ)とは、鉱脈から銀を掘り出すために掘られた坑道のこと
だそうです。

比較的新しい間歩だそう。

Dsc00542

Dsc00544

↑まぁ明るく見えるでしょ。実際は、も~っと暗い
それに山の中ですよ 周りには誰も居ないのですよ 正直怖い・・

ここで、どっちが先に入るかで、バヨリン軍曹と一悶着ありまして・・

ここ、年末年始を除き、9時~17時迄 一年中見学できるそうです。
ここで疑問 「入り口の鍵は誰が開け閉めする?」

帰りに「行ってきましたぁ」と寄った悠久の館のお姉さんにバヨリン
軍曹が確認したところ、地元のおじさんが、毎日 坑道の中まで入り、
人の居ないこと確認して施錠するそうです。 私には無理・・

結局最後まで、他の見学者と会うことも無く、無事に多田銀銅山の散策は
終わりました。

あぁ、途中 畑に行く途中だと言う、地元のおじいちゃんにバヨリン軍曹が
話しかけられていましたけど。

先日行った琵琶湖岸でも軍曹は、地元の人に声を掛けられていました。
何なんでしょうね。

さて、まだ良い季節は暫く続きますし、大阪からもそう遠くないので、
興味ある方はどうぞ。

悠久の館から奥まで行っても片道2Kmは無いと思います。

が、美人の係りのお姉さんが、毎日勤務されているかは、知りません(笑)

*******************************************************************

木喰仏に会ってきた

多田銀銅山を後にして向かった先 行き当たりばっ旅です。
とりあえず北へ向かいました。

暫く走ったけどそそられるような行き先看板も無く・・

で、バヨリン軍曹が崇拝?する木喰上人さんの彫った仏像が残る寺へ行こうと

木喰さんについては、こちら   残っている仏像の写真はこちら
とにかく凄い坊さんです。60歳を過ぎてから徒歩で(あたりまえだけど)全国を
まわったらしい。

行った先は、猪名川の道の駅 近くにある天乳寺

バヨリン軍曹が本堂横の住居のインターホンで、その旨を伝えると
奥さんが「どうぞ」と本堂へ案内してくださいました。

その後は、「ごゆっくり」と言う感じで、放置・・ これが良い

二人して、本堂にへたり込み、鑑賞

他のサイトからの借用写真 木喰上人 90歳の作品

Mokujiki

真ん中の自刻像に所々残る黒い部分は、寺子屋の子供達がいたずらで塗った
墨だとか。 川に放り投げられたり、ソリの代わりされたりの木喰仏ですが
それは、木喰上人さんが望む大衆に近い仏さんであることの証だそう。

その後も帰る道中、能勢あたりをうろうろしましたが長くなるのでおしまい

*******************************************************************               

         (メ モ) 木喰上人の仏像は全国各地に残っていますが、
          猪名川町は、そのうち26体があるそうです。

                     あと新潟に多いみたい。そりゃ新潟へも行かないと
                     あきませんな。

                     この日、それぞれの本業へとバヨリン軍曹とは、
          夕方に解散 仕事もせんとね。

                      (はま記)

|

« 庄野真代 autumnライブ in SAZANKAへ行ってきました。 | トップページ | フォルクローレじゃないけど リピート山中 サザンカライブのお知らせ(H23-10-23 大阪) »

コメント

あっ、木喰=もくじきって読むんだsign03
「きくい」って読んでた・・・coldsweats01

投稿: カピバラ | 2011年10月13日 (木) 22時44分

★カピバラさま

そうそう、私も最初 読み方が判らなくて・・
木喰さんは、九州へも行かれてますよ。

投稿: はま@前世 仏師 | 2011年10月17日 (月) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庄野真代 autumnライブ in SAZANKAへ行ってきました。 | トップページ | フォルクローレじゃないけど リピート山中 サザンカライブのお知らせ(H23-10-23 大阪) »