« 素人的 音響(PA)機材 ワイヤレスマイクは無線局? | トップページ | おすすめライブ情報 MAYA in みとろ荘(兵庫県加古川温泉) »

2011年8月24日 (水)

雑ネタ ギターケースにカビが生えた・・

自宅の和室(八畳)には、小さな床の間が有りまして・・

本来なら、花が生けてあったり、掛け軸の一つも掛ける場所なのでしょうが
うちの場合、そこに有るのはカメラの防湿庫と数台のギターとチャランゴ

そのギターケースの一つに梅雨の時期からカビが・・

この部屋、私専用の寝室でも有るんですが、他に物も置いてなくて、風も
通しているのにカビ・・ もしかして私自身がカビの原因か? はま菌

じゃお見苦しいだろうけど、ギターケースのカビ

01

見るからに古そうなケースでしょ 昔の賞状入れにもこんな柄が有ったな。
カビはこのケースだけ カビは古いのが好きなのか・・

中身のギターはこんなの   久々に開けました。

02

Gibson(ギブソン)のLG-1とか言うギターらしいです(忘れてたんで調べた)。

スモールと言って小ぶりのギターになるらしいです。

はっきり言って、安物のギターです。音はチープ・・
華やかさのかけらもない。 それが味? 枯れ? らしい

ブルースには似合うと思います。が、こんな人が弾いてくれたらの話し。

07

なぜこのギターを持っているか・・ 私と同じ195×年製だから それだけ。

ついでにネットを見てると1960年代のでもビンテージとか書いてあります。
じゃ、私もビンテージ?

それはさておき、たかが50年くらいでビンテージ? 笑わせる。
バヨリン軍曹のバヨリンなんか、どうなる。

さて、カビは払うだけで取れましたが、このさい、風水的にも床の間に
ガラクタを押し込めるのはどうかと思うので、(って、何となくそう感じただけ)
ギターは全て倉庫に持って行くことに。

既に倉庫には、使っていない、これからもまず使わないギターが有りまして・・
久々に幾つか見てみます。

スズキ・バイオリン製の古いギター 型名に100と有ったので、定価10,000円か・・

03

↑普通のギターです。伴奏とかなら普通に使えます。
この手のギターは、過去何台か持っていたけど、全て差し上げて(押しつけ)
残っていないと思っていたのですけど・・ まだ有ったようで・・

ず~っと以前にもネタにしたことがある、ヤマハ 初期のダイナミックギター

04

↑ネックが太いっ! 

番外編 Fender Stratocaster と言うエレキギターです。

05

↑20年近く前に買った覚えが・・ 一度もアンプに繋いだこともないような。
 American Standard だったかな。
 日本製もあるみたいですけどこれはUSAです。良いものかどうかも判らない。

他にもギターは、色々溜まってしまって・・ チャランゴ系とかエレキベースも。
変わったところでは、二胡(未使用、笑)も有ります。

06

Ovatationもアコギとエレガットが有って、良い音なんですけどねぇ。
まぁ使わないやろなぁ。

もう使うことも無いので売り払っても良いのですが、買い取り店の場合は、
二束三文(古っ)

オークションだと買い取り店の倍は行きますが楽器の場合、傷とか説明するのが面倒。
やたら神経質な人(アコギの方に多い)がいますから 「店で新品買えよ」

読者プレゼント
記事にあるスズキ・バイオリン製のギター 差し上げます。
「タダより高い(怖い)物はない」と言うことであれば、缶コーヒー(微糖)2本でどうだ!

ハードケースは付きませんけど(ビニル製のソフトケースなら差し上げます)
現在売られている低価格ギターよりは、音は良いかと・・ それで入手したんだと思います。

吹田市まで取りに来ていただければ嬉しいかな。メールはこちら

                    (はま記)

*************************************************************************

前々回の記事で、鳥取へ行った事を書きましたが、鳥取県と言えば・・
私的には ・・ じゃなくて 写真家 植田正治さん

119

鳥取県西伯郡伯耆町に植田正治写真美術館という、立派な美術館があるので
写真好きな方はどうぞ。

むろん、私は行きました。随分前ですけど。

|

« 素人的 音響(PA)機材 ワイヤレスマイクは無線局? | トップページ | おすすめライブ情報 MAYA in みとろ荘(兵庫県加古川温泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素人的 音響(PA)機材 ワイヤレスマイクは無線局? | トップページ | おすすめライブ情報 MAYA in みとろ荘(兵庫県加古川温泉) »