« 素人的 音響(PA)機材 マルチケーブルのはなし | トップページ | 久々に YouTubeの動画でも »

2011年8月17日 (水)

ハウリングを止めるゲームに挑戦! 絶対音感チェック?

音響機器メーカー TOA のHP「音」についてのコンテンツを
チラホラ見ていて、面白いものを見つけました。

コンサート会場での音響屋さんの敵?にハウリングが、ありますが
それを退治?する一つの方法としてグラフィックイコライザーと言う
装置を使って、ハウリングし易い周波数のレベルを下げるという作業を
やります。

それのゲーム・・ 聞こえてくるハウリングの周波数を当てるというの

【グラフィックイコライザーに挑戦! ハウリングを止めろ!!】

Photo

↓このページの一番下部にあります。
http://www.toa.co.jp/otokukan/otolabo/theme1/ss6.htm#fl_howring

同じページには、ハウリングの抑制を動画で解説したコンテンツもあるので
興味ある方はどうぞ。

その他、このTOAの「音の空間」と言うポータサイトは、音に関わる
ことについて、判りやすく解説してあるのでお奨めです。

音楽を演っている方には、見てほしいです。
音にまつわるショートストーリーとかが聞けるのも良い。

*********************************************************************

ハウリングを止めるゲームを紹介しましたが、正解するには、絶対音感が
ないと無理なのですが、ここで言う絶対音感とは、周波数のそれで有って
音楽、ドレミの音階の絶対音感とは違います。

音響の場合は、音階では無くて、周波数で、機器の調整をやりますが、時々
演奏者から「返し(モニター)のミ(E)の音がスッキリしない」とか
言われる時が有ります。

その場合は、少しも焦らないフリをして(これが肝心)

ミ(E)の音は、4オクターブで329.6Hzだから・・ イコライザーで、
そのあたりのツマミをクリクリとな・・ と、やる

やらなくても、やったフリをして「こんなもんでどうですか?」と聞くと
「良くなりました」とか・・
 冗談ですよ。

音階と周波数の関係を解説したサイトは無いかと検索したけど、中途半端のが
多くて・・

やっと見つけたのがこのHP 個人の方のHPです。
Shuji Tamura's Home Page
http://panna.dyndns.org/index.html

コンテンツのオーディオ/音楽の中に音階と周波数が有ります。
http://panna.dyndns.org/etc/onritu.html

このサイトの管理人さん 多趣味ですね。
どの記事も判りやすく纏められています。

中でも私が、興味を持ったのが、江州音頭とPA
http://panna.dyndns.org/etc/gosyuondo_pa.html

趣味で江州音頭を始められ、人前でやるにはPAがいると言うことで・・

これから音響機材をと言う方には、記事中のリンク先も含め参考になります。

************************************************************************

       (メ  モ) 最近、ヒマしているのでブログのネタも無く・・
       
          今回は他人のフンドシを利用し、長々と書いて
          しまいました。

                (はま記)

|

« 素人的 音響(PA)機材 マルチケーブルのはなし | トップページ | 久々に YouTubeの動画でも »

コメント

紹介ありがとうございました。非常に参考になります。
ハウリングだけでなく妙な反響にも苦しめられてます。沖縄料理屋は妙な置物が多すぎるから歌う人に依ってハウリングだけでなく反響のポイントも違ってきます。妙なやちむんや意味のない甕は置かないで欲しいと思ったことも。複数の唄者さんがあれば15+15のグライコは、気がつけば全てのバンドでマイナス6となったって笑い話もありました。

投稿: うえの | 2011年8月17日 (水) 20時53分

★うえのさま
毎度コメントをありがとうございます。
空間の音調整、素人には難儀です。
ずっと使っていなかったオートイコライザ機能も含む
多機能デジタル器を使おうかと思っています。
けど・・ 専用の測定用マイクが行方不明・・
細いから何処かに紛れ込むと見つけるのが大変。
困ったもんです。

投稿: はま@夏バテ | 2011年8月18日 (木) 21時13分

はまさん

えらい、参考になりましたわ。
ありがとう。
しかし、グライコのハウリング止める周波数テストやってみたが、30種類ぐらいの周波数の中から見つけるなんて、あんなもん、わかりませんがな~(*_*)。
毎日、練習してたら、ホイホイって、周波数がわかるように
なるんやろうか?(笑)

投稿: からやん | 2011年8月23日 (火) 12時25分

★からやん
まいどです。
参考になりましたか。一人にでもそう言って貰えると
フォルクローレ界の裏方?を目指す私は素直に嬉しい。

>毎日、練習してたら、ホイホイって、周波数がわかるように
>なるんやろうか?(笑)

なるみたい。私は無理やけど(苦笑)
通信屋やから、300Hz 1000Hz 2000Hz 3000Hz 3400Hz の
スポットは、無線設備のメンテで、毎日聞いていた時期が
何年か有ったけど今は自信なし

ハウリング調整では無いけど、三木山の屋外とかで、マイクを
持ってスピーカーの前で声を出し、ブースの人に
「○○Hz 一つ下げて」
とか指示してるやろ。あれもイコライザーの調整。
あれなんか周波数が判ってないと出来ない。

まぁ、あれは、あくまで基本の調整で有って、本来は、その
マイクを使う、楽器の音 歌う本人の声で調整しないダメなん
だけど、三木山みたいに(吹田もそうだけど)複数出演者が
出る場合は必要なこと。

健闘を祈る(笑)

投稿: はま@裏方 | 2011年8月23日 (火) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素人的 音響(PA)機材 マルチケーブルのはなし | トップページ | 久々に YouTubeの動画でも »