« 第9回 吹田フォルクローレフェスタ は11月27日・・だったかな | トップページ | ハウリングを止めるゲームに挑戦! 絶対音感チェック? »

2011年8月 9日 (火)

素人的 音響(PA)機材 マルチケーブルのはなし

毎日 暑いです。何もしたくありません・・

予定のない週末、本来なら「南方の島からの引き上げ品?」みたいな錆びた
単車の錆び落としをするところですが、錆が舞って体も引き上げ品みたいに
なるのも嫌なので、おとなしく倉庫の片づけでも

扇風機も無い木造アパートの一室ですが、1階と言うことも幸いし、玄関と
裏の戸を開け放つと、風がとおり案外すごしやすいのです。

さて片付けをしながらブログのネタを捜します・・  ゴソゴソ・・

********************************************************************

じゃ、今日は、マルチケーブルの話しでもしましょう。

演奏者にとって、ステージに立った時、一番身近にある音響機材は、マイク。
それ以降は、知らないし関係ないと言う方が殆どかと思います。

まぁ、それで全然問題ないのですが、少し知っておくと良いです。
何故か? 仕込みを手伝っていただけるから(笑)

マルチケーブルとは、ステージ上のマイク等のラインとPAブースを繋ぐ為の
多芯ケーブルです。

16ch_2 

例えば、マイクが10本としたら、ケーブルも10本 それを場合によっては
数十m離れた、PAブースまで張るのは面倒

そこで、マルチケーブルに変換して1本ですまそうと。

イメージ図

Photo

も少し詳しく書くと、マルチケーブルは単にケーブルだけなので、その両端に
コネクタボックス(マルチボックス)と言う、チャンネル数のコネクターが付いた
箱を接続します。

コネクターボックスには同じチャンネル数でも 付いているコネクターが
プラグ(オス)とジャック(メス)、若しくはその両方が付いたパラボックスと
言うのが有ります。

ステージ側で使うのは、マイクからの受けになるので、ジャック(メス)の
コネクターが付いたボックスを

PAブース側は、ミキサーへの送りになるので、プラグ(オス)のコネクターが
付いたボックスを使います。

でも、逆に、PAブース側からステージ側へ送りたい信号も有るわけで、その場合
どちらの用途でも使えるようにしたパラボックスを使うことになります。

これがパラボックス(16CH 用)です。

Ca3f0111

↑持ってはいるものの殆ど使ったことが有りません・・  でかくて重いから。

それと、ボックスの代わりにセパレートケーブル(先バラ)を使い、マルチから
本来のチャンネル数のケーブルにする場合もあります。

Photo_2

私の場合は、ステージ側で使う16CHボックスの内、4CH分をステージ側送り
(リターン)に使えるようコネクターをメスからオスに換えたのを良く使います。
↓上が普通の。下が改造したブツ

Ca3f0112

ミキサー側は、ボックスは使わず、セパレートコードを使っていますが
そのうち4CH分のコネクターを私の環境に合わせ換えています。
無論、換えてないのも持っていますが・・

Ca3f0113

何かややこしくなってきました・・ 
マルチケーブルと言う名前を覚えていただければ良しとしましょう。

*********************************************************************

このマルチケーブル 音響の現場で使われているのはCNARE(カナレ)と言う
メーカーの製品が殆どで、と言うか、一部(後述)を除き、私はこのメーカーの
製品以外に知りません。

チャンネル数は、8、12、16、24、32CHの種類が有って、私は、8CHと
16CHで揃えています。

ケーブル長は、各種有るのですが、同じチャンネル数のマルチケーブル同士だと
継ぎ足して使えるので、私は30mと10mのケーブルを持っています。

先日の「MAYA つるがコンサート」では、その2本を継ぎ足して40mでギリギリ
でした。

できれば、もっと長いのをとも思いますが、そう広い現場もないですし、それと
なんちゅうても、お値段が・・

ケーブル、ボックスとも、ひとつが、ん万円の世界です。無理

この数年前から、音響機材も某アジア製が超低価格で、買えるようになり、マルチ
ケーブルも例外ではありません。

実は、私も当初、某アジア製を持っていたことが有りました。

006

↑ボックスとケーブルは、コネクターを使わず直結。リターンも最初から4CH分が
付いた一体式

でも、1、2回使ってCNARE製に買い換えました。

何故か

使っているコネクターの精度がイマイチ

ケーブルがやたらと太くて、とにかく重い

内部のハンダ付けやケーブル処理が私がやった方がまし?

拡張性がないので、ケーブルを延長できず、広い現場で使えない

念のため・・、広い現場での使用云々を除けば、また他の件も気にならなければ
某アジア製も充分使えます。小規模の常設会場で使う場合とか良いかもしれません。
なにしろ低価格ですから。予算が無い場合には味方になります。
まぁ、私なら使う前にコネクターを換えてハンダ付けもやり直しますけど・・

**********************************************************************

         (メ モ)  今回のマルチケーブルもそうですが、音響機材も
           今や某アジア製が氾濫?しています。

           超低価格なので、今後、PA機材を揃えるアマチュア
           演奏者の方には、検討の対象にされる方もおられる
           かと思います。

           某アジア製でも、用途によっては、充分使えるモノが
           有ると思いますが、低価格故 初心者用と言うことでは
           なくて、それが使いモノになるかを判断するには、逆に
           ある程度の知識が必要かと思います。
                       (ひと通り、低価格製品を買ってきた経験者談)

           最後に私的にですが、低価格機材を使うのは、せいぜい
           身内のイベントでしょう。
           イベント内容により、ましてギャラを頂くような現場では
           精神衛生上からも使えません。
                       今は、スピーカースタンドのみが 某アジア製です。

                              (はま記)

|

« 第9回 吹田フォルクローレフェスタ は11月27日・・だったかな | トップページ | ハウリングを止めるゲームに挑戦! 絶対音感チェック? »

コメント

わたしも某共産国製成田販売の12+4帰りイコール10mを使ってます。古い専門家は確かに私らシロートには大助かりです。しかしも分かります。でも、大事なもんが無いんです。しがない雇われ職人ですから。若い頃に遊んでばかりでしたから大企業へも行けず公務員にもなれませんでしたから・・・ボーナスってもんが欲しいです。

某サイトで、CPのマイクを58にと改造するのが流行ってるそうですね。私も教えて貰いました。そこではLANケーブルを使ったマルチを作ったとか。
今でも後悔するのが、今使ってるベリのXLRが16回線のミキサーを買ったときに候補に挙がっていたフォステクスのデジタルMTR。値段では倍近くしましたがこれが一台あればミキサーとマルチケーブルを兼用出来たんですが・・

投稿: うえの | 2011年8月10日 (水) 21時09分

★うえのさま
某アジア製のマルチ、それで事足りるなら良いんじゃないでしょうか。

980円?のリーズナブル・マイクの改造記事 ありますね。
簡単な改造でSM58の音に似るんだとか。
これまたそれで事足りるとことか屋外の雨の日とかには良いかもですね。
あのマイク、トランスは入っているんでしょうか。
入ってないと間違えてファンタム掛けるとダメみたいな感じがします。
マイクは壊れても良いけどファンタムの供給側が壊れると洒落にならん。

フォステクスのはLR16かな 生産終了みたいです。なんでやろ。

投稿: はま@かき氷食べたい | 2011年8月11日 (木) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第9回 吹田フォルクローレフェスタ は11月27日・・だったかな | トップページ | ハウリングを止めるゲームに挑戦! 絶対音感チェック? »