« コンサート情報「美しきケーナの調べ」(大阪) | トップページ | チャリティコンサート 遥かなるアンデスの調べ(神戸) »

2011年5月 4日 (水)

白州正子の愛した近江を歩いて(登って)きた

音楽関連の話しではありません。

先日、廃線を歩いた記事を書きましたがその道中での会話

「昨夜、教育テレビの日曜美術館で滋賀県の磐座(いわくら)が出ててな・・」

V軍曹「見た見た! あれ凄いな!」

二人ともその番組を最初から見てた訳ではなくて、偶然に同じ場面だけを見たらしい。
私らが見たのは、赤瀬川原平氏白州正子の足跡を辿る場面で、磐座と寺院跡の
磨崖仏群が映されていました。

「これは行くしかない!」
とりあえず滋賀県野洲市の三上山(近江富士)へ行けば何とかなるやろと先日行って
きました。

三上山の中腹にて 黄砂が酷い

Dsc00187

そう高い山でないので子供でも登れますが、健脚コースは岩場が多い

Dsc00190

割石、元は一つの岩が割れた隙間でメタボチェック パッと見は狭いです。

Dsc00194

三上山山頂から妙光寺山へ尾根をひたすら縦走 アップダウンの繰り返しを何度も。
二人ともここまで本格的に歩くつもりは無かったので食料は、バヨリン軍曹の
「おにぎり煎餅 小パック」のみ(笑)

縦走の途中、三上山を見ます あの頂上からここまで来たと まだ半分くらいかな

Dsc00196

尾根の途中にあった巨大な重岩 誰が載せたんやろ・・ これを見れただけで幸せ

Dsc00197

Dsc00200

まだ目的地は先 岩を登り

Dsc00202

乾いた赤土の斜面を下ります 笑ってるし・・

Dsc00203

結局、4時間半ほど山を歩き「岩神大龍神様」に到着

Dsc00205

妙光寺山磨崖仏

Dsc00206

実は、ここだけにくるなら山を歩かなくても来れるんですね。着いて判りました(笑)
大いなる遠回りと言うか でもこれが結構楽しかったりします。

さっ、次は福林寺跡に残る磨崖仏群へ まだ歩きます。
ところどころにある標識を頼りに村中、畦道、学校横の脇道を進みます。

ここで現世と暫しお別れ・・

Dsc00209

ありました 福林寺跡磨崖仏群
散乱しています 殆ど土に埋もれたものや、木の根に巻かれたものまで

Dsc00216

Dsc00213

Dsc00214

Dsc00215

笑顔です 疲れが取れました。

Dsc00221

しばらくこの場所にいましたが私ら以外、来る人はいませんでした。

ここから車を置いている三上山の麓まで戻ります。 平地なんで楽勝

最後に三上山の麓にある御上神社

写真はありませんが、これまた格式のある立派な神社でした。
本殿そのものが国宝、その他 重要文化財満載です。

ここも私ら以外、若い方が二人だけ・・

以上で今回の旅は終わり
歴史には、疎いのですが、物を見て感じること 思うことに知識は必要ないかと
思います。

山を歩かなくても行けますのでお勧めします(笑)

関連記事 バイオリン弾き 山口えり子のブログ

追記
私、こう見えても?175年前は、日本の仏師だったのです。
281年前はペルーの漁師だったけど(笑)

***********************************************************************

          (メ モ)  行こうかと思われる方は、ルートを調べてから
             行かれることをお勧めします。

             私らは、全く無しで行って度々 分岐で悩みました。
             何故かその度、天の助けと思われる方が通り掛かり
             教えて下さったんです。
             そう人も多くないのに今から思うと不思議です。

             野洲駅の案内所で配布していたと言うルート図を
             見せて貰いましたがなかなか立派なものでした。
             それを入手するのが良いかな。

                       ************************************************

                           明日は三木山フォルクローレ音楽祭です。

             グルーポ福袋も出演するので昨日集まりました。

             で、ダベってました。

             女子二人、相変わらず笑いすぎ・・

                    (はま記)

|

« コンサート情報「美しきケーナの調べ」(大阪) | トップページ | チャリティコンサート 遥かなるアンデスの調べ(神戸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンサート情報「美しきケーナの調べ」(大阪) | トップページ | チャリティコンサート 遥かなるアンデスの調べ(神戸) »