« 音楽の著作権のことを少しだけ | トップページ | Cacho Tirao と言うギターのおじさん 他 »

2011年1月16日 (日)

今日は EXPO BOLIVIA 2011 OSAKA へ行ってきました

01

今日(2011年 1月15日)NHK大阪放送局アトリウムで開催されている
EXPO BOLIVIA 2011 OSAKA(主催:日本ボリビア人協会)へ行ってきました。

ボリビアを紹介するこのイベントは、過去何回か開催されているようです。
ボリビアの方が多い三重県での開催が多いようで大阪での開催は、初めて?

会場は、NHK大阪放送局と大阪歴史博物館の間にあるアトリウム またの名を中庭・・
屋内なので今日のような荒れ気味の天気でも大丈夫でした。

会場の様子は、こんな感じ

02

想像していたより、こじんまりとした会場

03

このような異文化紹介の場合、目玉の一つが食べ物販売ブースなのですが・・
ここは、あるのか無いのか・・
確かにあることはありましたけど食べ物の名前を書いた張り紙も無く・・

ステージでは、ダンスやフォルクローレの演奏がありました。

04

06

菱本幸二 クラウディア・ゴサルベス 安達満里子 ユニット

07

ラ・スエルティータ 今日は二人でしたが、明日は「ゆっきい」が加わり三名での演奏

08

明日 16日(日)も開催されているので、どうぞ

********************************************************************************

ここからは、私の独り言です。

私の場合、どうしても出し物より、イベント全体の演出等に目が行ってしまいます。

今回のイベントの感想ですが、一言で言うと「勿体無い」イベント、恵まれた会場なので
余計にそう思いました。

素材?としては、良いので、しっかりやれば、お客さんに喜ばれる更に良いイベントに
なるかと。お金を掛けなくてもです。

今日会場へ行かれた方で、同じような感想を持たれた方は私だけでは無いと思いますが
いかがでしょう。

*********************************************************************************

                (メ  モ) 今日、凄い得したこと

             私は、NHKラジオが好きで、特に好きな番組は、
             ラジオ深夜便と土曜午後に全国放送されている
             関西土曜ほっとタイム

             今日は、その番組の公開生放送の日でして、会場の
             スタジオがEXPO BOLIVIAが開催されている場所の
             すぐ横・・

             なにげにガラス越しにスタジオを覗くとリュート
             生演奏が始まるところでした。

             急いで、インティさんとUさんとで、スタジオへ入り、
             リュートの演奏を聴くことに。

             もう最高、バロックいいです(笑)

             リュート奏者は高本一郎さんでした。

             高本さんが言われるには、本場ヨーロッパでも今では
             リュートを教える音楽大学は数える程しかないとか。
             今からリュートを練習して上手くなれば国内のベスト
             10に入るのも夢ではないと(笑)

             2/12(土)14:00から大阪音楽大学 音楽博物館で
             「アーリーギターの愉しみ」と言うコンサートがある
             ようです。19世紀のギター演奏もあるみたい。
                             いいなぁ・・

                         (はま記)

|

« 音楽の著作権のことを少しだけ | トップページ | Cacho Tirao と言うギターのおじさん 他 »

コメント

菱本さんの打ってる太鼓と太鼓スタンド。見たことありますが、これはハマさんのですか?

投稿: うえの | 2011年1月19日 (水) 22時22分

★うえのさん
良く見てますなぁ・・
私のボンボ2号です。ちなみに1号と3号は皮が破れたまま・・

投稿: はま@体じゅう使い捨てカイロ | 2011年1月19日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽の著作権のことを少しだけ | トップページ | Cacho Tirao と言うギターのおじさん 他 »