« SOUND CIELO 今年最後の出動 | トップページ | 今年も何かとお世話になりました。来年もよろしくです。 »

2010年12月29日 (水)

雑ネタ 子供のころ欲しかったモノ  その他(少しマニアック)

全く音楽には関係ない記事です。
今日は、ガキの頃の私が欲しかったモノ(おもちゃ)の事を書いてみます。

クリスマス、お正月と子供たちにとっては楽しい時期
この私も、数十年前は子供だったわけで、この時期を楽しみにしていました。

********************************************************************

マテルのトミーガン

当時、やっと普及し始めたテレビ(白黒ですが)では毎晩のようにアメリカの
テレビドラマが放映され、家族で(昔はどこも)良く観ていたものです。

中でも私のお気に入りは、コンバット!と言う戦争ドラマでした。
名作と言われるその内容は、フリー百科事典ウィキペディアの言葉を引用すると
物語の主題が軍事ではなく「戦争を通じた人間模様」を描いたヒューマンドラマ
言うことにあるようです。

まぁそんな事は10才にも満たなかった私にはどうでも良いことで、劇中出てくる
銭湯シーン ? 戦闘シーンやその兵器、無線機を熱心に観ていたわけです。

中でも登場人物のうち「サンダース軍曹」だけが持っていたトミーガンと言う
サブマシンガンには惹かれました。

01

同じ時期、アメリカ マテル社がトミーガンのオモチャを発売しておりTVから
流れるそのCMを食い入るように観ていた覚えが・・

02

たかがオモチャですが、当時の事ですからね サンタは田舎の町まで来ませんでした
だから今もしつこく覚えているわけで。 もし手にしていたら忘れています。

サンダース軍曹が使っていた装備について解説したサイトが有りました。
http://www.regimentals.jp/tales/combat1.html

サイト管理人が「M1910水筒から飲む水がずいぶんうまそうに見えました」と書いて
いますがこれホンマです 私もその場面では思わず唾を飲み込んだような(笑)

そして無線機のBC-611
「チェックメイトキングⅡ こちらホワイトルークどうぞ・・・」
コンバットごっこ?で使うので劇中のこのセリフを子供達は皆覚えていました。

余談
BC-611はWWⅡ当時の代表的な近距離用無線機ですが、今現在日本では携帯電話関係で
耳にする米国モトローラ社が製造していました。

実は、グルーポ福袋小隊 通信兵の私 本物のBC-611を持っていました。
WWⅡ参戦各国の無線機を研究?している知り合いに譲りましたが・・
その知り合いのとこには米、ナチ、チェコや、なんと日本の旧軍の無線機まで有ります。
興味ある人はそこへ連れていきますが・・ おらんやろな(笑)

***********************************************************************

G.Iジョー

今も発売されている精密に出来た軍事モノ フィギュア。男子用着せ替え人形です。

03

日本で発売開始された頃は、ウィキペディアにも書いてあるとおり、当時の子供に
とっては基本的に高嶺の花的な存在。 これまた手にすることは有りませんでした。

しかし、昨年 第二次世界大戦時のある事実を知ったことで1体のG.Iジョーを入手
するに至りました。

04

WWⅡ当時の米軍歩兵ですが 顔立ちが東洋人? パッケージに442ND と有ります。
442連隊戦闘団をモデルにしていると言うことですが・・

この442連隊、アメリカの歴史上、過去もっとも多くの勲章を受けた部隊だそうです。

そして この部隊は日系アメリカ人のみで編成された部隊

皆さんご存じでした? 参考に幾つかのサイトを紹介します。知っていても損はないかも

ブログ ロサンゼルスからの手紙の記事から

第442連隊の活躍によりフランスの地方都市ブリエアが解放。数年ぶりにナチの圧制から
解放された市民達は歓喜したが自分達を救ってくれた第442連隊の家族が強制収容所に
いるという悲惨な境遇を知ったブリエア市民は彼等のために涙を流した

Swords'n Soul のHP記事から

「俺達が戦っているのはドイツ軍じゃない。俺達は差別や偏見と戦っているんだ。それに
勝つには命をかけて頑張るしかないんだ」

同じサイトの別記事

Hawkeye大尉の野戰病院 のHP 二世部隊物語記事から(詳細です)

レジスタンスの男から、彼等がアメリカ生まれの日本人移民の子供達だと聞かされる。
兵士達はみな人懐っこくて優しかった。フランス人の子供達を見つけると携帯口糧から
チョコレートやチューインガムを呉れた。また渡米一世を中心とした米国の日本人社会で、
古き良き日本の習慣を身につけた青年たちはフランスの老人や年配者を優しく労って
呉れたことが長い間ドイツ軍に抑圧されてきたブリュエーラの人達の辛い記憶の中に
オアシスのように残っているという。

お馴染みのフリー百科事典ウィキペディア

まぁ以上のような歴史の一部を知り、更にその442連隊をモデルにしたG.Iジョーが有ることを
知って、子供の頃のリベンジ?で思わず入手したという顛末であります。

そうそう、442連隊のドキュメンタリー映画 「442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍」
今年になって公開されたようですが関西での上映は既に終わっていました。

******************************************************************************

            (メ モ)  オモチャの話が長文になってしまいました。
            実は後半の442連隊の話しが書きたかったのですが
            いきなりはないかなと思い 前振りにオモチャの話を
            持ってきました。

             私が子供の頃の少年雑誌や当時 創刊になった週間
                          マンガ雑誌の特集記事は殆どが軍事物関係でした。
                          無論戦後ですよ、念のため(笑)

            なのでそれらのマンガ雑誌を熟読?していた子供は
            やたらと戦艦や戦闘機の名前、メカには詳しいはず。
            その後のロボットアニメと違い本物志向?です。

                          442連隊はハワイの移民が多かったようですが先ほど
            そのハワイに住むマブダチ?からメールが来ました。
             「ここはホンマ日本やで おせちの予約受付が多い」
             平和が続くことを祈ります 合掌

                          さぁ次は久々にバイクネタで最近あった「奇遇」について
            書くかな。  雑ネタが続きそうです。

                       (はま記)

|

« SOUND CIELO 今年最後の出動 | トップページ | 今年も何かとお世話になりました。来年もよろしくです。 »

コメント

「スターリング ビック・モロー!」にわくわくしてました
そういえばコンバットの中で負傷兵の傷口に白い粉みたいのかけてたなあ

じつはバヨリン軍曹の「『軍曹』はサンダース軍曹なんです

投稿: バヨリン軍曹 | 2010年12月29日 (水) 21時56分

コンバットのテーマは私の携帯に着メロとして入ってます。
サンダース軍曹のトンプソンやカービーのブローニングよりも、ナチの兵士が持っていたMP40に惹かれました。
442部隊は最近ドラマでも出てきましたね。ハワイの日系二世を中心とした部隊です。昔、望月三起也先生の漫画でよく読みました。

投稿: うえの | 2010年12月29日 (水) 22時07分

★バヨリン軍曹さま
YouTubeでの番組イントロ
http://www.youtube.com/watch?v=d0qQGS4fXSY
帽子好きの軍曹、ヘルメットを入手しなはれ。
そろそろ軍物屋の店の匂いの禁断症状が出てくる頃やで。

★うえのさま
トンプソンは、グリップとかストックの木と本体の金属部分の
調和?が何とも良いのです。とか言ってオール金属のM16も
持っていますが。
長物ではウィンチェスターM73もありますで(笑)

投稿: はま@通信兵 | 2010年12月30日 (木) 22時29分

That is cool that we are able to take the mortgage loans moreover, this opens up new opportunities.

投稿: Crane22Lindsey | 2011年8月13日 (土) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SOUND CIELO 今年最後の出動 | トップページ | 今年も何かとお世話になりました。来年もよろしくです。 »