« グルーポ福袋 第8回 吹田フォルクローレフェスタで演奏しました | トップページ | 機材ネタ 電子楽器や携帯オーディオからのライン接続のこと »

2010年12月15日 (水)

裏方ネタ 第8回 吹田フォルクローレフェスタ を終えて

今回は自分で出演各グループの写真を定点で撮ろうとGITZOの三脚と
おそらくシャッター音が一番静と思われる CANON の古いデジタル一眼を
持ち込んだのですが・・ 撮っていません(苦笑)

まぁフェスタの印象も含め、おいでくださった方々それぞれの心には
残っているかと思いますのでご勘弁を

と言いましてもお越しになられてない方の中には、どんな感じだったか
知りたいと言う方もおられるかも

幸い、昨年に続き、遙々 松江からお越しのカラコロ・アンデスさん
HP掲示板に詳細に報告記事を書いて頂いたのでそちらをご覧ください。
(他力本願 苦笑)

カラコロ・アンデスさんのHP
http://kept-simple.net/karakoro/

カラコロ・アンデスさんの掲示板
http://kept-simple.net/karakoro/kazeyasorano/kotobakari.cgi

フェスタ関連として大三島 はやしさんのブログ記事も
http://www.stb-jp.com/umisora/?p=3400

前にも書きましたが裏方をやっている関係で、客観的にイベントを観る余裕は
ありません。本番中、一番気になって何度も見たのは時計です。

表舞台はさておき、今日は裏仕事のことを書きます。
こんなん書いているサイトはあまり無いと思うので参考になればと・・
いままでやってきて自然に確立した吹田フェスタ流ですが。

*********************************************************************

当日現場での役割分担

約8時間の長丁場になる為、開演は少し早めの11時、開場は10時半です。

ホールが開く9時にスタッフ全員が集合し、事務所への手続きや機材搬入、
受付や出店ブースの準備に掛かります。

ここから一気に怒濤の仕込みに入ります。
その後、仕込み終了後にミーティングを各役割ごと別れてやります。

進行係
出演者と調整を行い、タイムスケジュールに沿って進行管理をします。
各グループの本番出演時間も記録します(笑)

マイクセッティング係
転換の多いイベントでは、かなりハードかつ重要な役割です。
これがスムーズに進まないとお客さんへの印象も悪くなりますし。
うす暗い舞台袖で次のグループのマイクセッティング図を確認し転換に備えます。
食事も舞台袖・・

司会係
転換時に間を持たせる為、各グループから事前に頂いた紹介文を読みます。

音響(PA)
音響です、音を大きくするだけではありません
各楽器の音をよりそれらしく・・ ビエント=風 音響が有るからできるのです。
それに哀愁も・・ 聴こえれば良いというものではありません。
以上のように出来れば良いなと(笑) 余談でした。

照明係り
吹田フェスタでは予算の関係で入れていません(苦笑) 常に一定の明るさです。

***************************************************

現場では、大きくわけてこれくらいの役割分担でやっています。
あと会計管理とかホール事務所との対応とか・・

そのうち、私が現場で担当するのは音響のみ
あとは、事務局Qさん、Sちゃん 進行係りのベテラン 喫茶ロワールのマスター
明石のタコさん以下、奇特なベテランスタッフにお任せ・・
そうそう、今回会場で出店していた CIELO の店主も何かと裏仕事をやります。
※CIELO店主からクレームがありました。
「私も現場の会計やってるわ!もう次ぎ手伝わん!crying

初回から暫くは、出来るだけ出演者も何かの役割をして頂き、皆で創り上げる
イベントとしてやっていたのですが、これは思うところが有りやめました。

現在、各グループにお願いしているのは、出入りが少ない中間時間帯の受付
のみです。

それは、演奏者には演奏のみに集中して頂きたいのと馴れないスタッフ業務だと
スムーズに進行できない。特にマイクセッティングはこれが言えます。

**********************************************************************

開催に掛かる経費

こんなフェスタですがどれくらいの経費で開催しているか・・
おおよそ中級程度のチャランゴ1台分くらいです。
指板が黒檀のコンサートチャランゴと呼ばれるモノを買える額ではありません。

その経費ですが、出演者に負担して頂いている参加費(1名 500円×60数名)では
まかなえませんので、会場でのカンパで補います。

そうそう、経費の内訳は殆どが会場使用料です。

まぁ、実際の経費はそんなもんですが、これを実現できるのは、フェスタに
賛同して協力してくださる奇特なスタッフのおかげです。
労務費、機材費を計算するとコンサートチャランゴ2台は余裕で買えます。

***********************************************************************

事務局

初回は、当時 フォルクローレ界に知人が殆どいなかったので、開催しても出演者が
集まるのか? と言う今では考えられない疑問があり、また全員参加のイベントを
目指していたこともあって、関係者に集まって頂き打ち合わせ会議をやっていました。

それもほんの2,3回くらいまでかなぁ 今では事務局のみでも事前に集まることは
一度もありません。何故か? 面倒だから(笑)

出演者募集を開始してから、事務局Qさんと私とでメールでのやりとりを数回やるだけ。

出演者各グループへの連絡もメールのみのやりとりでやらせて頂いています。

他には、当日使う進行用資料、マイクセッティング図、プログラム等の作成が有ります。
確かに時間は必要ですが、ただ淡々とやるだけ。

会計は事務局Sちゃんがやっています。

なので、当日の現場以外の事務局仕事はQさん、Sちゃん、私の3人でやっています。

*************************************************************************

概ねこんな感じですが、あくまで吹田フェスタの場合です。
イベントにはそれぞれのやり方が有ってそれが各イベントの個性になります。

フェスタも最初にやったお試しイベントを入れると今回で9回目です。

当初からすると、少しづつですが吹田フォルクローレフェスタも変わってきています。

それは、回数を重ねたイベントが成長したことと受け取って貰えたら幸いです。

観に来てくださった一般のお客さんが「フォルクローレもなかなかのもんや」と
思ってくださると良いのですが

それ以前に自分自身が出演したいと思うイベントを目指していると・・

                  (はま記)

|

« グルーポ福袋 第8回 吹田フォルクローレフェスタで演奏しました | トップページ | 機材ネタ 電子楽器や携帯オーディオからのライン接続のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルーポ福袋 第8回 吹田フォルクローレフェスタで演奏しました | トップページ | 機材ネタ 電子楽器や携帯オーディオからのライン接続のこと »