« アルパカブーム in 伽藍洞 へ行ってきました | トップページ | おすすめライブ情報 桑原しんいち《カヒタ・デ・ムシカ》其の1 福袋も出ます。 »

2009年6月 9日 (火)

雑ネタ 70年前のレコード盤

実家に帰った時、見つけて持ち帰った古いレコード盤の話し。
フォルクローレでも無くラテンでも無く・・

軍歌とか戦前戦中の歌謡曲のレコードに混じって、唯一私の気を惹いたのがコレ!

歌の行飛大周一界世

Photo

右から読むんですよ 世界一周大飛行の歌
ドーコレータクビ は ビクターレコード ね(笑)

何でも1939年(昭和14年)に世界で初めて地球を一周した「ニッポン号」と言う飛行機の
ことを記念して国民から歌詞を募集し録音されたレコードのようです。

ちゅうことはこのレコードも70年前の物ということになりますが想像するに相当な数が
出ているので、お宝でも何でもありません(笑) この年代のレコード盤なんて幾らでも
出てきますしね。

この大飛行、出発の時はNHKが実況中継し(ラヂオね テレビまだ無いから)、帰ってきた時、
日本全国民が熱狂し、世界も日本の技術に驚いたらしいです。

そのあたり「提橋和男の新☆管理人のつぶやき」と言うホームページに詳しく書かれているので
興味が有る方は見てください。

ニッポン号:世界一周の快挙から70年

ニッポン号の世界一周飛行

毎日jpの写真特集はこちら

ほんの少しフォルクローレに関係すること
この日本号 ペルー、チリ、アルゼンチンを歴訪しています、アンデス山脈も越えたのですね。
日系移民たちは、大歓迎したらしい。その気持ち凄く判りますね、時代が時代ですから。

ジャケット裏は、出発地、着陸地、飛行距離、飛行時間を記入する表になっています。
買った人が逐次ニュースを聞いて書き込むようになっているんですね。良いなぁ こういうの(笑)

Photo_2

世界一周大飛行の歌ですがココで聴けます。

******************************************************************

                メ モ :  うちの実家は、古道具屋ではないのですけど・・ (笑)
              最近も古いカメラを数台持って帰ってきました。
              中でもお気に入りがこのカメラ

Kif_1787

              有名なライカを参考にした LEOTAX(レオタックス) と言う
              国産カメラです。このモデルは1958年発売の廉価クラス。
              
              コピー品とは言え作りは良いです、またこのような国産カメラ
              でも一般庶民にはそう買えるモノではなかったと思います。
              この LEOTAX にはキャノンの50mm f1.5 のレンズが付いて
              いましたが(レンズ交換式です)キャノンのHPで調べたら
              発売当時(1952年)の価格は、36,500円 レンズだけですよ。
              57年前の3万円は今と違いかなりなモノかと。
              
              私の知り合いのおじさんが当時、ライカのカメラと戸建ての
              家が殆ど同じ価格でどちらを買うか迷った末、ライカを買ったと
              話してくれたのを思いだします(笑)

              時は流れ、容易に舶来モノが入手できるようになった頃
              LEOTAXのようなブツは見向きされなくなりましたがここのところ
              再び一部では脚光をあびるように・・
              だってライカは大事にされてるから幾らでもあるけどLEOTAXは
              殆ど捨てられて残ってないもん。
              皮肉なもんです。 まだ買っても安いですけど(笑)
              
                    (はま記)

|

« アルパカブーム in 伽藍洞 へ行ってきました | トップページ | おすすめライブ情報 桑原しんいち《カヒタ・デ・ムシカ》其の1 福袋も出ます。 »

コメント

すご~い、私は小学生の時「ニッポン号」のプラモデルを作ったことがあります。
懐かしいですね~、いや歌は知りませんでしたが。
でもこれSP盤ですよね?はまさん、プレーヤーもお持ちなんですか?
昔うちにあったレコードプレーヤは針がSP用とLP用をレバーで切り替えるように
なってましたよ。

投稿: インティ | 2009年6月10日 (水) 14時49分

★インティさま
プラモデルぅ・・!
早速オークションで検索したら1/72 のが2つ掛かりました。
30年くらい前のですかねぇ、70年前のレコードより値打ちが
有りますよ(笑)
SP盤です、プレーヤーと言うか手回しの蓄音機は、2,3台
持っている・・と思います(倉庫か実家に)。
現在不動ですが駆動がモーターになったバカでかい電蓄も有ります。
これは、30年ほど前、車で通り掛かった民家の前に置いてあった物。
何でもそこの爺さんが、昔やっていた喫茶店で使っていたそうで
自慢の電蓄だったとか。
いつかレストアしようと思うのですが、電気関係は真空管なんで
全く問題ないのですが、ケースは家具屋さんの範疇なんでなかなかです。

投稿: はま@ただ古いだけ | 2009年6月10日 (水) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルパカブーム in 伽藍洞 へ行ってきました | トップページ | おすすめライブ情報 桑原しんいち《カヒタ・デ・ムシカ》其の1 福袋も出ます。 »