« 愛知県犬山市 ラテン音楽祭 出演者受付が始まりました | トップページ | おすすめライブ情報 山田恵範ギターコンサート »

2008年7月21日 (月)

愛媛県大三島 三島水軍鶴姫まつり 遠征の段

Photo

平成20年 7月19日、20日 愛媛県大三島町 三島水軍鶴姫まつりへ行ってきました。
今回は、演奏の他 まつりのメインイベント 櫂伝馬(船のレース)に初参加という、
とんでもないことをやってしまいましたので、それも含めボチボチと書いてみます。

記事の内容は、さかのぼって書き換えたり、写真の入れ替え、追加もあります。

*****************************************************************

今回、私は 明石のタコさん号に便乗させていただきました。
19日の朝、自宅を出発 明石を目指し六甲北有料道路を南下します。

Dsc00201

右手に うちの庭? 神戸フルーツフラワーパーク

Dsc00196

阪神高速北神戸線で更に南下

Dsc00202

第二神明道路で明石へ

Dsc00204

タコさん号に乗り換え、大三島を目指します。ドライバーは、ワイナルミの勝野君

Dsc00207

山陽道の吉備SAで他の小隊?と合流
お約束の桃太郎の像 横からみる犬のシルエットが何とも・・

Dsc00209

吉備SA(下り線)名物の桃太郎ソフト 吉備団子付き

Dsc00210

しまなみ海道 走行中 今日は晴天 景色がよろし

Dsc00212

*****************************************************************

大谷ハウス完成記念 ホームコンサート

本日の演奏会場 大谷ハウスへ到着 
大三島へ来るたびにお世話になっている大谷さん宅のリフォーム完成を記念しての
ホームコンサートが2部構成で開催されます。

Dsc00226

元はJAの支所だったとか・・、広すぎ
写真には写っていませんが左にも倉庫棟があります。木工作業場もあって羨ましい限り。

コンサートの開催挨拶中の大谷さん キャパ、集客とも下手なライブハウスより上(笑)

Dsc00228

演奏会のようす
ヴァイオリン&ピアノデュオのミール 稲田竜斗さんと稲田由香里さん お二人とも
モスクワ音楽院卒だとか ご主人の竜斗さんは、以前の「はやし亭コンサート」でも
ご一緒しました。

Dsc00261

今回、大三島初上陸を果たした(と言うか引っ張って行ったと言うか)ボリビア・マルカ +仲間

Dsc00235

タンタナクイ +仲間

Dsc00253

ワイナ・ルミ +仲間

Dsc00244

外には、島の子供達 じゃなくてボリビア・マルカ予備軍

Dsc00251

演奏会終了後、皆で海水風呂のマーレ・グラッシアへ その途中 夕暮れ時の情景

Dsc00263

大谷ハウスへ戻ると・・

Dsc00265

島の皆さんもご一緒に夕食会
実は、屋外でも色んな食べ物が用意されていて 屋内の夕食会本番前には、おなかがいっぱい・・失敗
そうそう、タコリーノことタコさんが前夜仕込んだ各種ピザも焼いていただきました 美味しかった・・

今回は、大人数の為 宿泊は、はやし亭と今治市しまなみふれあい交流館に分散
ふれあい交流館は、元小学校の建物 朝、部屋の窓から見た校庭には、立派な木が・・

Dsc00271

******************************************************************

鶴姫行列、鶴姫まつり会場での演奏他

櫂伝馬レースを先に書こうかと思いましたが、今回の目玉商品なので出し惜しみ、
先に他の記事を書きます(笑)

Dsc00309

大山祇神社を出発した鶴姫行列が、まつり会場の宮浦港に到着しました。

Dsc00288

Dsc00290
   ★鶴姫とは?
    大三島・大山祇神社の神官の娘で、1543年、周防国の大内氏から
    大三島が攻められた際に、島と神社を守るため三度出陣し防衛を
    果たしますが、三度目の合戦の際に恋人を敵に討たれ、悲嘆にくれて
    海に身を投げたと伝えられています。
    伊予美人の代表とされ、瀬戸内のジャンヌダルクとも称されています。
    大山祇神社には、その鶴姫が身に着けていたという日本で唯一の女性用の
    鎧が奉納されています。

鶴姫行列の鶴姫役は、毎年一般公募で選ばれるそうです。

Dsc00293

オタバロの方?

Dsc00300

鶴姫さまのお供の方でした たまにはフォルクネタも入れないと(ベタやけど)

Dsc00297

ステージ前の観客席には、しっかりとドーム状の日除けが吊られています。

Dsc00308

仕掛けはクレーン車で吊っているのです 参考になりました?(誰に言ってるんやろ)
これが有ると無いでは観客数が大違い

Dsc00314

開会の挨拶の後、恒例の餅まきが・・

Dsc00301

いつぞや「私は餅まきに命を掛けてるねん」と言っていたバヨリン軍曹
ひとつは、餅の方から腕の中に入ってきたとか ホンマかいっ!

Dsc00304

子供達とイナロー君 左はバヨリン軍曹?

Dsc00273

練習風景? 大谷さんが届けてくれた朝取りの生トウモロコシをかじる人も

Dsc00283

まつり会場での演奏風景
ワイナ・ルミ+仲間  ステージ上にも日除けがしっかりと

Dsc00317

ボリビア・マルカ+仲間 前日お泊まり保育が終わってから駆けつけた保育園の先生
お二人も

Dsc00320

イナロー君の足もと 何で雪駄やねん 妖怪ポンチョ?
ひょっとして一昨年、島のおばあちゃんの履物屋で買った雪駄かな 一昨年の記事はココ

Dsc00326

タンタナクイ+仲間

Dsc00327

****************************************************************

櫂伝馬レース(船のレース)に参戦

 ★櫂伝馬(かいでんま)とは?
   伝馬船(てんません)と呼ばれる手漕ぎの和船。
    鶴姫まつりで使用されるのは、片舷5本づつ、両舷10本の櫂(かい)が付いています。
    故に漕ぎ手は10名、その他舵取り1名と漕ぎ手の櫂が揃うよう、リズムを取る太鼓係りが1名
    計12名が船に乗ります。
    も少し由来とか調べたかったのですが、「大三島 櫂伝馬」で検索を掛けると「Soraと仲間と」
    とか言う変なブログがトップ近くに掛かったりで調べ切れませんませんでした・・

  ★櫂伝馬に出ることになったきっかけ
   昨年の大三島行きで既に言い出した人がいて・・ 当初体験乗船の予定だったのがいつの間にか
   チームで本戦に出ることに 徐々に話が大きくなることは、このめんつでは、よくあることで。
   それを話で終わらせず実行してしまうのもある意味凄い人達です(他人事)
      昨年の記事は、ココ 巻末の【次回への抱負】のところ参照ください。

さ~て、朝8時半、全員が初体験の櫂伝馬レースに備え、はやしさんがあの手
この手を使い? 講師を招いて特別講習をやってくれました。
何しろ、公園のボートは無論、子供用のビニル製ボートも漕いだことがない者
(ワタシ・・)とかの集団ですから・・ 事前のミーティングでは、

・船に移るとき、海にはまる奴おるで
・同じとこグルグルとまわって前に進まへんのちゃうか
・沖から帰って来られへんかったらどうしよ
・最悪 皆でバタ足で船を押すか
・裏の手で船外エンジン付けてもらえんか 白鳥ボートのペダル式もいいかも

以上、冗談のようですが真面目に考えての発言というのがある意味 変な集団(苦笑)

で、その特別練習風景なんですが写真がありません。
あったら皆さんに笑って貰える?写真になったのは間違いないのですが・・
何しろ皆、必死でしたから そんな写真ほど面白い写真になってしまうキャラがちと辛いけど・・

てなことを書いてたらインティさんカメラの写真がサーバーにアップされて
練習風景も有りましたんで載せます。

何とか乗り込みました 特別講師数人も乗船 朝早くからスンマセン・・
2008_07_20no_015_

漕ぐ体勢、櫂の握り方、太鼓の叩き方 何しろ初めてなんで・・

櫂がバラバラ これが揃わないと進まない カメラ目線の陽気な人 約1名

2008_07_20no_016_

港の中をいったりきたり

2008_07_20no_019_

良い景色ですねぇ 漕いでいる時は、それどころじゃなかったけど

2008_07_20no_021_

桟橋では、ボリビア・マルカ予備軍が心配そうに見ています

2008_07_20no_022_

講師からコウシって (関西弁の駄洒落です・・)

2008_07_20no_024_

実技が終わり、講師から注意点を聞いています  皆お疲れ気味

2008_07_20no_027_

いつもカメラ目線の陽気な人 約1名

2008_07_20no_030__2

そんな中、一般の方向けの体験試乗には、マルカ予備軍も

2008_07_20no_028_

そんな特別練習も終わる頃、徐々に人も多くなって気分は嫌でも高まってきます。
出来れば敵前逃亡したいような・・

桟橋に出場チームのブース(ピット?)が有ります 30組くらいだったかなぁ
我らがチーム名は、ハリャリャ ボリビア(JALLALLA BOLIVIA)
Dsc00359

殆どのチームが勝ち狙いで出場する訳でして、まわりの皆さん体力有りそな感じで・・
うちで体力有りそなんは、バヨリン軍曹だけでして・・

いよいよ出番が近づいてきました もう逃げられない

2008_07_20no_258_

乗船中です 何か危なっかしいのが伝わるかと思います。

Dsc00334

でも皆ワクワクだったりして なかなかこんな顔する大人?はいないかも(笑)

Dsc00335

バヨリン軍曹、ルミの健太郎君、その後ろは時々このブログに登場する通りすがりのオジサン、
朝、はやしさんに取って来てもらったススキの穂が泣かせます。

太鼓係りは、マルカのマネージャー りん子さん 実は太鼓が一番しんどいとか・・

Dsc00336

いよいよ歴史的瞬間! 大三島の海にボリビア国旗がはためきます。

号砲と同時にスタート!

Dsc00337

一応前に進んでいるようで・・

Dsc00338

舵取りは、素人で絶対無理なので、地元の方にお願いしています。
(いつも美味しいアナゴでもお世話になっています)

左端がハリャリャ ボリビア号 結構健闘してる・・ ようにも見えます

Dsc00339

その頃 タンタナクイの♯e さんが角笛をパォ~パォ~♪と吹きながら桟橋を併走!
鳴り物入り応援というのも大三島の櫂伝馬レース史上 初だったかも・・

Dsc00355

これは予選なんで、他チームは、本戦に向け 体力を温存するとか(笑)

Dsc00340

おかげさまで漂流することも無く、無事に帰ってきました もう皆バテバテ、ずぶ濡れ

Dsc00344

無論ビリですけど(笑)

Dsc00345

この後、本戦でもう一度漕ぎました

無事に初出場を果たし 記念撮影

2008_07_20no_275_

ちと暑苦しい写真が続いたので 涼しげなのを一枚 マルカ予備軍

2008_07_20no_180_

櫂伝馬レースも全て終わり、表彰式が始まりました。
出場チームは、ステージ前に整列 となりは、はやしさんとこのYAMATO

Dsc00375

で、最初の表彰チームは、何とハリャリャ ボリビア! アイデア賞受賞です!!

2008_07_20no_279_

賞金をいただきました! おかげさまで遠征費の足しになりました

2008_07_20no_281_

さて、演奏も櫂伝馬レースも無事に終え、さぁのんびりと と行きたいところですが、
皆さん忙しいようで イナロー号で来ていた皆さんは、まつりが終わると はやし亭で
一休みの後、早々と帰路に付きました。
タコさん号組とボリビア・マルカ組は、夜8時から始まった花火大会もしっかりと
見て帰りましたけどね。
この花火大会が何とも良いのですね、詳しくは昨年の記事を見てください。

そんなこんなで、今回の夏の大三島行きも無事に終了しました。
自分で読んでみて、笑えるよう書いていると、あれもこれもと、毎度のことながら
長くなってしまいます。自己満足の為に書いているようなもんで、登場人物に縁の
無い方が読まれると?なブログかと思いますがお許しを

読んでくださった方のなかで「大三島へ行ってみたい」と思われる方が
一人でもいたら良いのですけどね、 え?「行った気になった」   ・・
2008_07_19no_087_

Img_1938

関連記事 タンタナクイ インティさんのブログ
         バヨリン軍曹ことエリさんのブログ*****************************************************************

      メ モ: いつものことながら、はやしさん 櫻子さんを始め、
           多くの島の皆さんにお世話になり良いツアー?に
           なりました。
           特に今回は、櫂伝馬レースに参加させて貰い、尚更
           皆さんのあたたかさに触れたような気がします。
           なにせ、素人集団がまともに練習もせずに出場と言うのは、
           あまりにも無謀で・・(苦笑)
           ふつうなら、無理と言われてもしょうがない状況ですが、
           それを受けいれてくださったことに感謝します。
           演奏時間のからみでスタート時間の調整をしてくださったりで、
           お話しする機会があったスタッフの皆さんも嫌な顔をせずに・・。
           立場が変わった場合、自分なら同じような対応が出来るかと思うと
           甚だ?
           無論、私たちもその気持ちに応えるべく、本番では、必死で
           漕ぎましたけど(笑)

                 表彰式の時、1位のグループの方が、「僕らはただ漕ぎに
           来ているだけ それは、まつりの関係者、スタッフの皆さんが
           頑張ってくださることで出来ることです」とか言ってました。
           良いこと言わはると思いました。

           さて来年の夏の大三島行きは、どうなることでしょう・・
           下手なことを書くと、それをやる羽目になるので、今回は
           そっとしておきます。
     
           帰りの道中、吉備SAで買った 鳥取限定?「ゲゲゲの鬼太郎
           梨キャラメル」

Dsc00413
           こんなの(レア物?)見るとつい手が出てしまう悲しいサガ・・
           フォルク関係以外の友達には、結構受けるグッズなんで。
            (どんな友達やねん 笑) 

|

« 愛知県犬山市 ラテン音楽祭 出演者受付が始まりました | トップページ | おすすめライブ情報 山田恵範ギターコンサート »

コメント

みなさーん! 毎度ありがとうございました。
ハマさん、いつもにも増して力作になりそうですね~。
櫂伝馬のいきさつ「ここ」で、ついつい昨年の分まで見てしまいました。
で、やまとさんからの「YAMATYO」Tシャツ欲しい!を思い出しました。
今年YAMATOはTシャツを新調したので、やまとさん!差し上げますよ。
お渡し方法をご連絡下さい。
今年YAMATO・Tシャツに「十七夜」と書いてあったでしょ。
その昔?(私達が大三島住人になる前)櫂伝馬は大三島町宗方地域のお祭りイベントだったのです。その開催日が旧暦の6月17日。過疎化で、地域のお祭りが存続できなくなり、町のイベントに移行しました。市町村合併で、今度は「鶴姫祭り」の存続が危ぶまれております。
皆さん!大三島へ足を運び、島の活性化にご協力下さいませ。

「鶴姫」がフィクションか否か勉強不足でわからないのですが
三島安精(やすきよ)氏の「海と女と鎧 瀬戸内のジャンヌ・ダルクー」という小説をモチーフにしたようです。三島氏は大山祇神社宝物館の元館長で、そこに所蔵されている女性用と思われる鎧から、他の歴史的記述と併せて物語を執筆したようですよ。

このブログ、大三島町公式HPにしてもらおか?

投稿: 櫻子 | 2008年7月22日 (火) 21時12分

★櫻子さま
毎度のことながらお世話になりました。
特に今回は、櫂伝馬への参加で過密スケジュールでの
訪問になって、受け入れ体制も大変だったかと思います。
段取りして頂いたおけげでスムーズに無事遠征を終わることが
できました。

鶴姫まつりは、これからも続けて欲しいですね。
良いおまつりだと思います。そのことは後で記事の方に
書くことにしましょう。

大三島公式HPですか・・
確かにこれだけ多くの写真が載っているブログ、HPは
ないかもです。マーレ・グラッシアも毎回出てくるし(笑)
まぁ、それだけ大三島遠征ではネタが多いと言うことですが。
この月曜、火曜で全国からの訪問者数175、1205アクセスを
記録しました。殆どフォルクネタ無いのだけどね(苦笑)

そうそう、大三島で10月に某音楽(楽器)関係の合宿が
有りますね、大三島は、そういう用途でも充分魅力が
有ると思います。10月はブログネタに同行取材しようかな(笑)

新しいYAMATOTシャツ、渋いですね。
「十七夜」の文字が意味不明やったけどカッコ良かった。
「やまとさん」が欲しがるかも(笑)

今日、インティさんカメラの写真がアップされたので
後ほど、記事の中におりこんで行きますのでまた見てくだされな

投稿: はま@大三島町観光課阪神支部? | 2008年7月23日 (水) 01時06分

大谷ハウス完成記念ホームコンサート ♪
ずうずうしくも、1部2部とも、楽しませていただきました。

聞き惚れました。魅了されました。癒されました。

ライブならではの、和やかムードあり、ハプニングありで
あっという間の4時間でした。

生真面目で真剣な演奏を聞かせてくれる ミールやワイナルミ
枝雀風の語りを交え和ませつつ、熟達した演奏のタンタナクイ
リズム感と踊りで、圧倒的に迫るボリビア・マルカ
顔はニコニコ、音色は格調高い、バヨリン軍曹?
何故か、印象的な、ボリビア日本人 、イナロー君?

豪華メンバー過ぎて、
舌を噛みそうな名前で、
そして、オールマイティー楽器奏者で、
なかなか、顔やお名前、グループが覚えきれないのですが、

それぞれの音色は、心地よく耳に残り
素晴らしいコンサートは、心に刻まれています。

林さん、大谷さん、そしてその他の知らない方
大三島での素晴らしいコンサートをありがとうございました。

鶴姫祭り!
我々は、移住以来、農作業やその他に追われ
ゆっくり行列も櫂伝馬レースも見たことがありません。
楽しそうですね。

来年は、櫂伝馬レースも見たくなりました。
#Eさんの、角笛応援見れますか?

投稿: 七曜工房みかん島 堀内 | 2008年7月23日 (水) 08時41分

★七曜工房みかん島 堀内さま

大三島よりの書き込みをありがとうございます。

大谷ハウス完成記念ホームコンサート
企画段階の はやしさんとの打ち合わせで、2部構成と聞いて
「あかん 長すぎ」とクレームを入れたのですが、島の皆さんの
仕事の都合で、一部だと来られない方がいるとのことで
納得しました。
いざ蓋を開けると皆 演奏長すぎ、
1部2部とも聴かれたとは、ある意味表彰もんです(笑)
でも楽しんでいただけたようで何よりでした。

泊まりの演奏となると、どうしてもどのグループもメンバー全員が揃わず、
隣り組み応援グループ?になってしまいますが、それぞれのグループの
個性は、出ていたかと思います。
この先、また皆さんの前で演奏させていただく機会が有るかと思いますが、
毎回楽しみにしてくださる皆様へ飽きられないよう?今後は、一つの
イベントとして、更に楽しんでいただけるよう多少の演出も加えて
やっていければと考えています。
って、今回演奏に参加していない私が言うのもなんですが・・

毎回、大三島へ行くたびに島の皆さんにはお世話になりっぱなしで
お礼を言うのは、こちらの方です。
どれだけ皆が大三島行きを楽しみにしていることか、
そんな大三島で、演奏も聴いていただいて・・ 言うことなしです。

それでは、また島でお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。

投稿: はま@添乗員 | 2008年7月23日 (水) 21時49分

はまさん、いつもにまして力作ですね~。まだまだ続きそうですね。
参加の皆さま、お疲れさまでした。そして、林さん、櫻子さん、大三島の皆々さま、
本当にいつもありがとうございました。

私の方もようやくBlogにアップしました。
なるべくあっさりと?まとめてみましたhappy01

投稿: インティ | 2008年7月25日 (金) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179614/41926129

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県大三島 三島水軍鶴姫まつり 遠征の段:

« 愛知県犬山市 ラテン音楽祭 出演者受付が始まりました | トップページ | おすすめライブ情報 山田恵範ギターコンサート »