« 福田大治さんのチャランゴ&ボリビアギター講習会が大阪で | トップページ | 昨日は芦屋でSora練 »

2008年1月29日 (火)

少しマニアック? 冬の夜長はラヂオでも

私は、公私とも夜更かしすることが多いです。 翌朝は起きるのが
辛いのですがついついゴソゴソとやってしまいます。
こういうのを夜型と言うと思っていたら知り合いに「生活パターンが
ずれているだけですよ」と言われてしまった(苦笑)

そんな夜更かしの時にBGMとして聴いているのがラジオ放送です。
お気に入りの番組は、NHKラジオ第一放送の「ラジオ深夜便」、
毎日PM11:00からAM05:00までの番組です。
深夜放送と言うと若者向けの番組を想像される方も多いと思いますが
「ラジオ深夜便」はアダルト向け?のまったりと落ち着いた番組です。
番組名からしてベタやし(笑)
どんな内容かと言うと番組表を見て貰うほうが早いかな。
番組HPはこちら

で、そんな深夜の番組を聴くのに使っている趣味のラジオの写真も貼っておきます。

Hallicrafters S-77

R0015661

↑ 1951年くらいのアメリカ製のラジオ 私より年上です。
家庭用ラジオと通信用受信機の中間的な位置づけ、ただ古いだけの値打ち(笑)

Collins RadioCompany R-390A 

R0015669

↑ 1951~1986年まで30年以上に渡り生産されたアメリカの軍用受信機ですが
写真のブツは恐らく50年代の初期の物です(メーターノンオリジナル、オリジナルもあるよ)
現代の受信機でかすかに聞こえる放送局は、こいつでも受信できます、凄いでしょ。
それより、50年前の機械が特にメンテナンスをしなくても動くのも凄いですが。
これに良いスピーカーを繋いでVOAなんか聴くと良いんですよ。
内部はメカの塊 さすが軍用 そう言う意味では他のラジオはオモチャに見えます。
重量30kg以上あるので持ち上げる時は注意しないと腰を痛めます(経験者談)

RACAL RA6790/GM

R0015648

↑ 1980年代の軍用受信機 ぐっと近代的でシンプルなデザイン、AMの音も
良くてお気に入りですがICが多用されていて壊れたら厄介なブツ。
この写真を撮った時は「ベトナムの声」と言う日本語放送を聴いていました。
女性DJで音楽の散歩道とかいう番組をやっていたような・・
その昔は、日本語放送も沢山の国から放送されていて「アンデスの声」と言う
エクアドルからの放送も有ったのですよ。今は週末にオーストラリアの送信所から
日本語放送が送信されているとか。

最近は、ラジオ放送もネットで聴く時代になりましたが遙々遠い国から飛んでくる
電波を受信するのは、またおつなもんです。
むろん上記のようなたいそうなラジオは必要ないです(念のため、笑)

=================================================================

ネットで注文したフォルクローレのCDが届きました。

R0015682

軽く聴いてみたのですが、左上のお姉さんのCD、バヨリンが入った伴奏でのCuecaが
殆どなのですが、一曲 Chacarera の曲がありました。Chacareraのバヨリン 格好いいす。

こうしてCDは、買うものの聴く暇なくて 未だ聴いてないCDが溜まるばかり。
そのうち、同じCDを注文しそうで(苦笑)

================================================================

   メ モ : ここのところ本業が忙しくて、仕事場でシュラフ生活 または車中泊が多いです。
       今日は帰って風呂に入ろ

       今度の土曜日 練習だけど前日は風呂に入れるだろうか
       Soraの皆 臭ったらごめんね って冗談ですよ

                                           (はま記)

|

« 福田大治さんのチャランゴ&ボリビアギター講習会が大阪で | トップページ | 昨日は芦屋でSora練 »

コメント

ラジオぢゃなく「ラヂオ」とするところが渋いね。
ところで、エンリケタ・ウジョアのお姉さんもいいけど、買ったんですね~プント・ナスカ!これ、最高ですよ。ライブの2枚組みだけど、ぼくの勝手な感想では2枚目は有名曲を集めたサービスみたいなもので、やっぱり1枚目が圧巻。チャランゴ弾きのはずのサウル・カジェーハスが歌手のウイルソン・モリーナを差し置いて歌いまくってるんですが、このボーカルがまたいいんだよなあ。サウンドのほうはエフェクタを使ってる分差し引いても、名人級が「おれがおれが」と火花を散らしてて、迫力満点。これはBGMには向きませんね。のめりこむように聴いてしまう演奏です。お楽しみあれ。

投稿: やまと | 2008年2月 1日 (金) 02時26分

やまとさん
毎度の書き込みをありがとうございます。
本年もよろしくお願いします。
寝袋生活故、RESが遅れすんません。
プント・ナスカ・・
やまとさん 詳しいですねぇ。
このCD 何で買ったんだろ たぶんライブ盤だったんで
買ったような。
確かに迫力もあってなかなかのもんです。
映像が有れば見たいくらい。
私は、移動中の車の中で聴くのが殆どですがまともな
オーディオでそこそこの音量で聴きたいです。
ラヂオじゃないけどオーディオアンプも球のが2台あるんで
オーバーホールに出したくなりました。
そうなると効率の良いスピーカーも欲しくなるわけで
あれこれ妄想が膨らむ今日この頃です(笑)

投稿: はま@ゲルマニウムと言えばラヂオ | 2008年2月 3日 (日) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179614/17890222

この記事へのトラックバック一覧です: 少しマニアック? 冬の夜長はラヂオでも:

« 福田大治さんのチャランゴ&ボリビアギター講習会が大阪で | トップページ | 昨日は芦屋でSora練 »