« 11月までの演奏予定でも・・ | トップページ | 気になるイベント情報 第7回 千里の竹あかり »

2007年10月 8日 (月)

静岡県 大久保の里でMAYA饅頭を見た!

MAYA饅頭です。。。

Pict0165

平成19年10月 7日(日) 静岡県藤枝市 大久保キャンプ場 で開催された
大久保フォルクローレフェスティバル2007 へ行ってきました。
えっ、何をしに? ・・・森林浴 じゃなくて音響の手伝いに

現場へは、朝9時入り 地図で見ると東名高速のI.Cを降りてから一般道を
そこそこ走らないとダメみたい、って住宅展示場じゃないんだからキャンプ場が
市街地に有るわけないか(笑)
前日、昼頃に機材の積み込みをして夜10時頃に吹田を出発することに・・
さすが静岡まで付き合ってくれる人も無く、一人で行きました(泣)

名神京都I.C付近走行中 前方にFIAT500(チンクェチェント)を発見
アニメ「ルパン三世」に登場する排気量500CCの一昔前のイタリア製小型車

Pict0123_2

しかし いつみても小さい 愛くるしい・・
車の窓を開けると威勢の良い排気音が・・
しばらく後ろに付いてその音を聞きながら走りました(笑)

先に進みます
車はネオンまばゆいラブホ街へ突入・・じゃないか(笑)

Pict0139

一宮I.C付近です、車で名神を名古屋方面へ走られる方はお馴染みの光景ですね。

いっきに浜名湖SAまで走り、トイレ休憩のみで即出発。

Pict0141

Pict0145

無事 藤枝市内へ到着し、コンビニの駐車場で仮眠、朝を迎えました。

Pict0146

朝日が眩しいぜ

コンビニで朝ごパンを買って大久保キャンプ場を目指し出発
市街地を離れると道路は道幅の狭い登り坂に変わっていきました。周りはお茶畑・・
Pict0148

MAYAの岡田さんと合流して現場入り、あまり時間に余裕が無かったので
休憩も無く、ステージ側と卓側に別れ、二人でセッティング。

何とか開会に間に合いました。
左が 小林実行委員長 右は司会の清水幸子さん(元 静岡第一テレビアナウンサー)

Pict0149

注記)けっして草むらの中にステージが有るわけではありません、ススキは飾りです。

今回メインステージの他、客席横にグリーンステージという場所があってそこでは
アマチュアグループの演奏がありました。

藤の瀬会館ケーナ教室の皆さん

Pict0155

ミルカミルカ」の皆さん

Pict0159

他には、こんな楽器の演奏も

Pict0168

藤枝順心高等学校アルペンホルン部」の皆さんです。

ホルンは、三つに分解できるそうで分解するとこんなコンパクトになるのです。

Pict0172

でも、組み立てたまま移動する場合はこんな感じに・・

Pict0152

生ホルン? 初めて聴きました
私の世代 ホルンと言えば・・お口の恋人ロッテのCM ♪ポッポ ポー

メインステージのトップは、「グルーポ・アンデネス」の皆さん

Pict0163

メインでボーカルをとれる女性がメンバーにおられるのは良いですね。
堂々とした歌いっぷりでした 。

パラグアイ出身のアルパ奏者 マルシアル ゲレロさん

Pict0177

余談ですが、アルパ奏者の方ってそれぞれ拘りのマイク位置があるんですね。

ラストステージは、MAYA 3回目の出演だそうです。

Pict0181

客席です 実ははるばる大阪からやって来た女性お二人が写っています。
お知り合いの方なら判るかな ・ ・  ヒント 前のほうです(笑) 

Pict0183

会場をフラフラと彷徨っている時、後ろから声を掛けられ驚きました。
この会場で面識が有るのはMAYAの皆さんだけのはずだったので・・

会場にはフードブースの他、手作りケーナ教室 体験陶芸教室
緑茶石鹸作り教室とかが有りました。
そうそう、国際交流協会ブースも有りましたし、パラグアイへ使わなくなった楽器を
送る活動をされているブースもあってアコーディオンとかが集まっていたようです。

Pict0174

Pict0171

Pict0173

最後に・・
大久保フォルクローレフェスティバルですが、都市での開催では無いぶん 逆に
地元との密着感が有って良い感じでした。
おそらく地元のボランティアだろうと思うのですが何人かの若い兄ちゃん達が
すすんで機材の撤収を手伝ってくれました。
あと、会場の仮設電源とかを引っ張ってくれた地元のおじさんとか皆さん気持ちの
良い人達でしたよ。
普段、フォルクローレとは縁がない生活を送られていると思うのですが、地元の
イベントに来てくれる人達を暖かく迎えようという気持ちが感じられました。
おそらく来年も開催されるでしょうから興味のある方は一度足を運ばれては
いかがでしょう。

  メモ:いつものごとく取り留めの無い記事になってしまいました、あぁ・・
     終了後、機材を積み込んで 行きと同じく一気に帰ってきたので
     ちと寝不足です(苦笑)
     で、翌本日は機材の片付けをして午後から芦屋の会場へ エリさんと
     ハルさんのコンサートを聴きに行ってきました。
     そこでお二人のパワーをいただいて少し復活したような・・(笑)      

Pict0201

(はま記)

|

« 11月までの演奏予定でも・・ | トップページ | 気になるイベント情報 第7回 千里の竹あかり »

コメント

チンクェチェントの後ろ姿の写真いいなあ、、って写真撮りながらは危ないでしょっ!

投稿: エリ | 2007年10月 8日 (月) 23時44分

マヤ饅頭(笑ひ)

投稿: kannda | 2007年10月 9日 (火) 00時35分

遠路お疲れ様でした。
>都市での開催では無いぶん 逆に
>地元との密着感が有って良い感じでした。
>普段、フォルクローレとは縁がない生活を送られていると思うのですが、地元の
>イベントに来てくれる人達を暖かく迎えようという気持ちが感じられました。
8月の鹿教湯と似たような感じですね。
アルパ演奏もあったのだったらすごく行きたい
気分だけど、この時期は幼稚園の運動会があって
難しいです。(^^;
鹿教湯フェスへ数回行ってるけど地元の人達の
暖かさに触れることができるのは本当にいいことですね。

投稿: ようこ@元関西人 | 2007年10月 9日 (火) 16時51分

大久保ではお世話になりました。
岡田さんから「今回は音響のプロが来てくれてるよ」って聞きました。
とても気持ちよく演奏させていただきました。
ありがとうございました。
また、来年もよろしくおねがいします(?)

投稿: 長岡@アンデネス&ミルカ・ミルカ | 2007年10月 9日 (火) 22時26分

エリさん
わっ 何で運転しながら撮ってんの判ったんやろ・・
って、判るわなぁ。もうしません。

かんちゃん
ええやろ、マヤ饅頭
左の茶色の饅頭はお猿の顔のように見えるんだが
MAYAとどういう関係があるんやろ

ようこ@元関西人さま
ある意味 村興し的な要素もあるのでしょうが
その場合、地域の皆さんも一緒になって楽しめる
イベントにすることが大事なことかと思います。
そのてんフォルクローレという音楽は幅広い
年齢の方々へ楽しんでいただけるジャンルだと
いうことを今回のイベントを見させていただき
再認識した次第です。
東京からは、大阪からよりはるかに近いので
一度行ってみてくださいね(笑)

長岡@アンデネス&ミルカ・ミルカさま
書き込みをありがとうございます。
フェスティバルでは、すてきな演奏を聴かせていただき
ありがとうございました。
MAYAの岡田さんのお言葉は冗談です(笑)
今回 何の予備知識もなく岡田さんからの依頼で
お手伝いをさせていただきましたが行って良かったと
思っています。
来年・・、また岡田さんからお声が掛かればおそらく
おじゃまするかもです。
それでは今後ともよろしくお願いいたします。


投稿: はま@今日は福井県小浜市 | 2007年10月10日 (水) 00時42分

はまさん、パワフル!エリさんが乗り移ったの?

楽しそうですね。
テントはって、キャンプしながらフォルクローレやって
焚き火囲んでマイムマイム・・・。
こんなの出来ないかな。
なんかせこせこして、帰りの電車を気にしてねえ、都会では。
3日ぐらいのんびりして、天気がよくって満天のお星様っていう
絵に書いたようなシチュエーションは、まあ、日々の生活考えると・・・ないわね。

はまさん、おつかれさんでした。

投稿: Qたか | 2007年10月10日 (水) 22時18分

Qたかさま
エリさんが乗り移った・・
乗り移ったらたぶんこんなもんじゃないかと・・
私の何でもやりたがり、出たがりは前からなんで素かと(笑)。
焚き火囲んでマイムマイム・・・って普通のキャンプ?
誰か言い出したら即実現しそうな気がするけど・・
あぁ、言うだけではダメですね
「言うはやすし 西川きよし」(笑)

投稿: はま@貧乏性 | 2007年10月13日 (土) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179614/16701749

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県 大久保の里でMAYA饅頭を見た!:

« 11月までの演奏予定でも・・ | トップページ | 気になるイベント情報 第7回 千里の竹あかり »