« ワイナ・ルミ・・・? | トップページ | この週末はのんびりと・・ でもないか »

2007年6月27日 (水)

これだけは知っておきたい?音響機材の話

「また音響の話かぁ・・」と言われそうですがそう言わずお付き合いの程を。
ネタが無いときにはこれしかないのだよ・・(泣)
(他にこんなの書いているフォルク関連のHPは無いし あたりまえか 笑)

私を含め素人の演奏者でもイベントに出演する時は、会場にもよりますが
音響設備のお世話になります。
そのような状況の元「これくらいは、知ってても損は無いよ」という範囲の
音響機材ネタを何回かに分けて書いて見ようかと思う次第で・・

ネタは、一番身近なステージ上の機材に主をおきましょう。
まずは、ステージ上をのたうち回っているケーブルの話から。
いや、マイクかなぁ・・ 電気スタンド? ガソリンスタンド?・・
そう、マイクスタンドちゅうのも有りやなぁ・・

で、つづく

いきなり「つづく」ですみません。まだ写真とか用意してないもので・・(笑)

メモ:多人数のグループで見かける光景ですがマイクから離れて演奏する方が
   おられます。
   まだ演奏を始めたばかりの方に多いかと思いますが・・
   大丈夫です マイクはあなたに噛みつきません! 違うか(笑)
   
   自分に出す音に自信が無いのかなとも思いますが、マイクから離れると
   それが余計ばれるでしょ、そんな時はマイクに普通に向き合ってですね
   ・・・・・・・・演奏のふりだけして音を出さなければ良いのですよ(笑)
   それといかにも演奏しています、と言うパフォーマンスも必要です。
   サビの部分では上体を少し弓なりにして目を閉じればもう最高(笑)
                                       (経験者談)

-----------------------------------------------------------------

何から書くか、夜も寝ずに昼間寝て考えた結果 ケーブルのことを書くことにします。
(ケーブルの写真を先に撮ったからなんですが・・)

それではマイクケーブルからいってみましょう。
こんなのです。

R0014994

両端にXLRと言う規格のコネクターが付いています。中にピンが3本有りますね。
ピンが見えるのがオス(プラグ)、見えないのがメス(ジャック)です。

そのケーブルの内部構造です。どの線がどんな役割をしているかはここでは説明しません。
そのあたりを含め、音響基礎を詳しく、判りやすく書いている取り説の在処を後述します。

R0015003

通常コネクターの使い方として、信号の出て行く出力側にオスを使います。
ですからマイクのコネクターは、オスが付いています。ここにケーブルのメスが
繋がるのですね。

R0015001

えっ、「うちのマイクは、コネクターじゃ無くて直接ケーブルが出ている」って・・・・。
それは「ナンチャッテ・マイク」ですね。悪いことは言いません お子様の
オモチャにするか燃えないゴミに出してください。

ここでは、マイクケーブルと表現していますが、このように両端にXLRのコネクターが
付いているケーブルは、マイク以外の機器間にも最も多く使う種類のケーブルです。

つづく

--------------------------------------------------------------------

マイクケーブルの次は、楽器用のケーブルについて書きます。
通称「シールド」と呼ばれています。
エレキ・ギター、エレキ・ベース、電子ピアノ、エレガット、エレアコ等
殆どは、このケーブルで次の機器へ信号を送り出します。

R0014998

内部構造は、既述マイクケーブルと殆ど同じですがコールドが無いです。
マイクケーブルは、シールド(グラウンド)と呼ばれる網線の中に線が2本
(4本の物もありますが2コイチで使うので電気的には2本)あり、楽器用
ケーブルではそれが1本だと。

楽器用ケーブルは、マイクケーブルに比べ、使われているコネクターを含め
構造がシンプルという利点がありますが幾つかの欠点もあります。
その一つが、外部からのノイズ(雑音)の影響を受けやすいのでマイクからの
信号のような低いレベルの信号、また長い距離の信号受け渡しには使えないと
いうことです。これは伝送方式の違いによるものです。
楽器用ケーブル(シールド)アンバランス伝送
マイクケーブル(ラインケーブル)バランス伝送
バランス伝送の方がノイズには強いのです。

エレキ・ギターのように直ぐ傍にギターアンプが有り、アンプのスピーカーから
出た音をマイクで拾う場合や簡易な設備でステージ横にミキサーを設置する場合は、
楽器用ケーブルで良いのですが、ミキサーまでの距離が有る場合は、楽器用ケーブルは
使えません
。その場合、途中で変換し、ラインケーブルを使うことになります。
その変換に使う機器がD.Iと呼ばれる装置です。

つづく

|

« ワイナ・ルミ・・・? | トップページ | この週末はのんびりと・・ でもないか »

コメント

フムフム なるほどその手があったか!(手をポンとたたく)

投稿: エリ | 2007年6月28日 (木) 00時18分

↑了解。 マスターします!

投稿: inaroh | 2007年6月28日 (木) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179614/15578015

この記事へのトラックバック一覧です: これだけは知っておきたい?音響機材の話:

« ワイナ・ルミ・・・? | トップページ | この週末はのんびりと・・ でもないか »