« 愛媛県 大三島 藤まつり 遠征の段 | トップページ | ♪丘を~越えてぇ行こうよ マンドリンのエレアコ化 »

2007年5月 8日 (火)

マリ共和国からやって来た山羊皮

♪山羊にひかれてゆきたいのー はるかな国までゆきたいのー 幸せそれとも不幸せ~♪ っと
  その昔 カルメン・マキさんが歌ってはりました(不幸せかしらんけど牽く山羊が可哀相やわ、笑)。

今日は山羊、ヤギネタです。そうボンボの皮のお話し。
ボンボの皮は消耗品、叩いていればそのうち破れます。
私のボンボもつい最近、両側の皮が破れ、只の筒になりました(笑)。
実はもうひとつのボンボも2年ほど前に破れて皮を張り替えた経験があります。
その時の「ボンボのかわ~張り替え~」と言うか今日は皮の調達について書いてみます。

ボンボの皮が破れたら、他の太鼓同様に皮を張り替えれば良いのですが
その皮が問題なんです。山羊皮 それもなめしていない毛がついたの・・、
そんな怪しい?皮はそこらで売ってません(新世界 界隈でも 笑)。

で、過去にボンボの皮の張り替えをやった方はいないかとそれらしきキーワードで
検索するのですが私は見つけることが出来ませんでした(2年前)。
和太鼓は、皮の張り替えからボイド(建築で使う厚紙の筒)を使った自作太鼓を
紹介したサイトまであると言うのに・・。

張り替えの作業自体は何とかなりそうなので、皮探しを始めることに。
まずはボンボを買った愛知県のお店に相談しました。
店主も輸入業者とか色々と調べてくれて、途中経過のメールも何回か頂きましたが
結果、以下の回答(一部抜粋)を頂きました。

「革に毛が付いている状態ですので、念のため当社が通関手続きを
 お願いしています、日本通運㈱及び動物検疫所等と輸入に付いての
 打ち合わせ数日間致しました。
 結果、誠に残念ですが正式には、現地の正式な加工処理(動物からの・
 薬品・処理方法)の証明書等が必要となりました。
 特に、原産国のペルーは”ムシ”等の要注意国に指定されていますので
 非常にコストが必要となり、輸入がコスト的に無理な状況となりました。

 予想では、正式に書類を揃えると新品のボンボが数個購入出来るかと思います。
 (中略)
 おかしな話ですが、楽器に加工された状態でしたら問題無く通関出来ますが、
 部品としての革に問題が有る事については理解出来ない所ですが・・・」

は え ぇ は な し が、ボンボという楽器の一部で付いている皮は問題ないが、
皮だけだと検疫を通すのが厄介だと。残念な結果でしたが丁重なメールには感謝!

ヘッヘ~ 実は・・、お店からの回答が来る前に他のところから既にブツを調達していたので
あります。山羊の毛付き皮を使った太鼓はボンボだけでは無いのですね、最近その勢力を
増しているアフリカ他の「ジャンベ」「ジンベ」「甚兵衛?」とかいう太鼓も同じような
山羊皮を使っているんです。で、その補修用の山羊皮を売っているネットショップから
調達したという次第。

今回もそのお店に注文して今日ブツが届きました(まだ代金払ってないよぉ?)。
アフリカ マリ共和国製の山羊皮です。前回の分はコートジボアールで検疫した云々が
書いてあったような。

R0014831

張り替え作業についても記事にしたいところでは有りますが、詰めが甘い私の作業は、
恥ずかしくて載せられません(苦笑)。
で、その作業を今回は以前アルマジロのチャランゴ リペアでお世話になった「インティ工房」に
お願いすることになりました。
ひょっとするとインティさんがその工程をブログに載せてくれるかも・・(期待)。

しかし「ボンボの皮の調達」だけでこれだけ引っ張る私は暇人?
私のようにボンボの皮が破れたとか、自作ボンボに使う皮をお探しの方へ
参考になればと書きました。
えっ? 南米産じゃないからダメ? そんなん拘る人 キ・ラ・イ(笑)

関連記事 : インティさんのブログ

|

« 愛媛県 大三島 藤まつり 遠征の段 | トップページ | ♪丘を~越えてぇ行こうよ マンドリンのエレアコ化 »

コメント

懺悔Ⅰ オモテの皮はわたくしが破りました

投稿: エリ | 2007年5月 9日 (水) 10時02分

懺悔Ⅱ 裏の皮はワタクシがびわ湖バレイにて破った

投稿: inaroh | 2007年5月 9日 (水) 10時57分

正直者のお二人さん
こんど修理が終わったボンボを叩いたら・・
大判小判がザークザク かもね。

投稿: はま@日本昔話 | 2007年5月 9日 (水) 21時49分

懺悔Ⅲ 私のボンボは破れた部分にガムテープを貼っています。
    「これは音色を調整するためですか?」と訊かれて、思わず
    「ええ、そうです」と答えてしまったことがあります。

投稿: インティ | 2007年5月 9日 (水) 22時19分

みなさん、ボンボが破れるほど練習してすごいです。
わたしが前に居たサークルのボンボは・・さらのようでした^^

投稿: kaoru | 2007年5月10日 (木) 08時51分

インティさん
確かにインティさんのボンボのガムテープは
すっかり馴染んでいますもんね。
張り替えると「これ誰のボンボ?」てなことに。

kaoruさん
面倒で皮を張った状態で炎天下の車に積んだままだったりするのが
良くないかも。
使用頻度は普通(基準が判らんけど)かと思いますよ(笑)

投稿: はま | 2007年5月10日 (木) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179614/15001522

この記事へのトラックバック一覧です: マリ共和国からやって来た山羊皮:

« 愛媛県 大三島 藤まつり 遠征の段 | トップページ | ♪丘を~越えてぇ行こうよ マンドリンのエレアコ化 »