« 三木山フォルクローレ音楽祭 プログラム他 | トップページ | 三木山フォルクローレ音楽祭でマイムマイム? »

2007年5月28日 (月)

思ひでアーカイブ 私と三木山フォルクローレ音楽祭

三木山フォルクローレ音楽祭がいよいよ今度の日曜日に迫ってきました。
で、今日は私と三木山の関わりを初出演の時まで遡り、紹介します。
と言っても5年前のことなのですが(笑)

-----------------------------------------------------------------

EL CIELO で初出演を終えての記念撮影(平成14年 第6回)
この時、かんちゃん(当時高一?)は、まだメンバーに加わっていません。
写真左から K美ちゃん ゆーみん 私(はま) PAYUさん  窪田さん 

Photo_10

無事に初出演が終わり何とも良い表情。
本番前、誰とは言いませんが前夜からあまりの緊張で胃痛を訴えたメンバーも。
手のひらに「人」と書いて飲むおまじないをしたりね(子供や、笑)

当時メンバー以外のフォルクな知り合いはホンの僅かでした。
会場ですれ違う他の演奏者が凄く演奏が上手いように見えた記憶があります。

アンデスコスプレでは無く、女性陣二名が作ってくれたオリジナルTシャツで
緊張の本番演奏中です。
P5190020

【初出演に至るまでの道のりを少々(長々)】
実は演奏活動を始める前、何げに手にした一枚の中古CDからフォルクを
知った訳ですがネットで三木山の存在を知り、どんなもんかと一度見に行った
ことがあるんです、平成13年かな。
初めて見る三木山は免疫の出来ていない私には何とも異様?な世界でした。
アンデスコスプレの人が一杯やもん、出来ることなら関わり合いたくないような(笑)
で色々なグループの演奏を聴いたのですがその時 私の頭の中に悪魔の囁き?が・・
「この程度やったら自分でもできるんちゃうの・・」
その時の出演グループの皆様 ごめんなさい、感謝すると同時に現状を考えると
後悔もあるので少し恨んでおります(笑)

まさに高校生がバンドを始めるようなノリで演奏を始めたわけですが
結成後、その年の三木山にエントリーすると決めていました。
無論そんな短期間で、完成度の高い演奏は、無理かもしれませんが
そんな初心者の演奏も受け入れてくれるのが三木山なんですね(違うかな)。
それに何でも目標を持たないとやっていても張り合いが無いし(笑)

-----------------------------------------------------------------

ここで困ったことに・・、平成15年の写真が見あたりません。
出演したことは間違いないのですがどのような編成で出たのかも記憶から
飛んでいます(歳のせいかなぁ)

が、この記事を読んだ窪田さんから画像をお持ちとの連絡があり・・。
窪田さんの画像倉庫から引っ張ってきた平成15年 第7回の写真を貼ります。
10名かぁ、凄いな。この頃は前列左端 花をくわえたオネエサンの影響で、
ILLAPUとかのチリ物を結構やっていました。おかげで今でもそれらの曲は大好きです。
あまり演奏するグループがいないのも要因かな(ひねくれ者、笑)

Bad8_1

----------------------------------------------------------------

平成16年 第8回の写真です。
演奏曲は、楽器から「バイラカポラル」かな(笑)
今までの演奏してきた中でこのメンバーによるこの曲は、かなりのお気に入りです。
既にスネアの他カホンも使っていました・・、何で使ったかは覚えていません(笑)

H161

このあと実質 ゆーみん、かんちゃん、私の3人で暫く活動しました。
少ない人数でいかに迫力のある演奏をするかで毎週のように集まって
練習していました。かんちゃんはサンポ・チャランゴ・ボーカルが当たり前、
ゆーみんはシンバル、カホン叩きまくり、私もギターも振り回し
かき鳴らしていたような・・(未だにその癖が抜けません、笑)。
正統派コピー演奏?とは違うこれまた音出してナンボ、私の好みのサウンドでした
(技術的にコピーが出来ないしぃ・・、笑)。
この時期も結構イベントには出ていました。

----------------------------------------------------------------

平成17年 第9回の三木山の写真です。新たに からやんが参加しています。
からやんも伝統を守り?サンポ・チャランゴ・ボーカル。
そうそう、今年はサンポ・ベース・ボーカルをやりますよ(笑)

H170522mikiyama2006

もう一枚、三木山森林公園HPのアルバムから頂いてきました。

Folk10

この年は、最後のほうの演奏で、前の出演がプカソンコでした。
で、私らそのプカソンコのオリジナル曲を演奏したという何とも
思い出に残る?年でした。
そうそう、プカソンコが演奏準備中にもっと音響の音を大きくするよう
さかんにPAさんに注文していたのを覚えています。
うちの演奏の時は、元のレベルになってしまいましたけど(苦笑)。

---------------------------------------------------------------

それでは昨年 平成18年 第10回へいきましょう。
これまた写真が無くて、三木山森林公園HPのアルバムから頂きました。

Folk1

一番目での演奏です。
ボンボを叩いているのは、只今ボリビアへケーナ修行へ行っている勝野君。

Folk2

エントランスでは、Soraと仲間 で演奏しました。
サンファニートでは、チュキアゴマンタさんの綺麗どころも参加してくれて賑やかに。
犬のキャサリンもおるし、inaroh君はカホンを持って叩くし・・(笑)

Img_2219

----------------------------------------------------------------

以上過去の三木山での演奏をふり返って紹介しました。
三木山だけを取り出して改めて見てみると結構節目と言うか今までの活動内容の
変化が見えてきます。
人前で演奏する切っ掛けになったのは間違いなく三木山のおかげです、良いか悪いかは
別にして(苦笑)
関西で活動していてこんな音楽祭が身近にあることを感謝しています。

-------------------------------------------------------------------

・・・吹田フォルクローレフェスタもよろしくお願いしますね。
今年は11月25日(日)の開催です。今年は会場が新大阪になります。
出演される皆様に満足していただける会場を予約しました(小声)

(はま記)

|

« 三木山フォルクローレ音楽祭 プログラム他 | トップページ | 三木山フォルクローレ音楽祭でマイムマイム? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179614/15231639

この記事へのトラックバック一覧です: 思ひでアーカイブ 私と三木山フォルクローレ音楽祭:

« 三木山フォルクローレ音楽祭 プログラム他 | トップページ | 三木山フォルクローレ音楽祭でマイムマイム? »